【風立ちぬ】夢に生きるとは。愛に生きるとは。

■No.006 その涙を疑う理由はない―『風立ちぬ』 | 総合文学ウェブ情報誌 文学金魚
ようやく、菜穂子についてもしっかり論じる「風立ちぬ」批評が現れはじめた。
"何しろ、自分の夢にしか関心のないこの次男坊と結ばれるにあたっては、「家」に入る必要もなく、子供を授かる必要もなく、長生きする必要さえもない。ただ彼の前で「美しく」ありさえすればそれでよい"
関連記事
カテゴリー
ブログ内検索
関連ページ

RSSフィード
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する