岩崎京也さんについて改めて書こうとして挫折。

「岩崎京也」で検索してくる人が多い(※そして何故かその大半がiPhoneからのアクセス…なんでだ?)ので、改めて岩崎京也さんについての記事を書こうかな、と思いました。
…で、挫折しました。
なんでかっていうと、前も書いたけど、私はこの人の面白さがいまいちわからないっていうか、この人を面白がってる人の面白さのツボが、よくわかんない。

だって当たり前のことでしょ?

この人のツイートを見ていて思うのは、この人は常に、当たり前のことを普通に言っているだけだ。ってこと。
多分本人が、一番面食らってんじゃないかな、当たり前のことを書いただけで、なんでダチ(フォロワー)がこんなに増えるんだ?


お世話になったと思ったら菓子折り持ってあいさつに行くのは当たり前。
目の前の仕事をしっかりやってやってやりきってやる!と考えるのは当たり前。
(対象は人それぞれでも)強くなりたいと思って努力するのは当たり前。




そんな当たり前を皆さん「当たり前だから」「普通に」支持しているのならそれはとても良い事ですが(そしてそういう人もちゃんと一定数いるように見えるけど)、どうもそうじゃなくて、なんか、表面的な表現の独特さとか不器用な部分とかをなんつーか、面白がって。面白コンテンツとして、消費してハイ終わり。って感じの人がネット上では目立つような。


それはその人のツボがオカシイと思うし、そういう人が前に出てきて目立つ社会は、
社会がまちがってる。
関連記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク

RSSフィード
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する