スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月のアクセス解析を見て考えたこと。

おかげさまで、7月の当ブログのビジター数は前月比で3.8倍になりました!来てくださった皆さん、ありがとうございます。
といってもそんなに全体数は多くないんですが

※元々がほとんど人がこないブログなので。元が少ないから3.8倍といっても…(´・_・`)


ただ、私が手ごたえを感じた部分は、ビジター数は3.8倍なのに、ページビューは5倍なんですね。
つまり、検索で飛んできた方がそのまま去っていくのがほぼ全部のパターンだったこのブログがですね。徐々に、ついでに2、3ページ見ていく方が増えてきて。さらに、何人かリピーターの方がいらっしゃるということなんです。
これが、ものすごくうれしいんですわー。


その一方で、少々残念なのが、「トップページに定期的にアクセスしてくれる常連さんを作りたい」という想いでいろいろ工夫した施策が、殆ど効果を挙げていないことです。。。

PC版のトップページを、まるでツイッターのタイムラインみたいにして、がーっといろんな小ネタニュースを斜め読みできる、そういうページにしたい。というのが私の想いなんですが、リピーターの方のPCアクセスでのページ遷移を見てるとどうも不評なんじゃないか…そんな気がしています。

なので。
今後は、もうトップページに詰め込む情報量ってところはそんなにこだわらないようにしようかな。トップページは単なるジャンプページに変えてしまって、個別ページ間の回遊性を高めるように工夫したい。

そう、やはり、一見さんであれリピーターさんであれ、個別ページに直接飛んでくる方が圧倒的に多いのですよ。
だから、そのついでに他のページもみて欲しい…他にも気に入った記事を一個でも増やしてほしい…そのための方法を考えるって方に、アタマを切り替えたほうがいっかなー。



んで、トップページへのリピーターを増やしたいから、トップページの内容をどんどん更新せねばと思ってがんばって新規エントリーを書くがその効果が殆どない。ってことなんですが、ここで不思議な現象が。
新しい記事をどんどん追加していると、なぜか古い記事へのアクセス数が上がるんですよ。

つまり、頻繁な更新によって検索順位があがる→結果的に、古い記事が検索で上位に来るようになる→検索から古い記事にアクセスする人が増える。ってなってるんじゃないかなーって仮設です。

だからやっぱり、ブログってどんどん更新した方がいいんですよ。新しい記事を書いたから新しい記事に人が来るとは限らないけど、間接的にそれによって古い記事の価値が上がる、みたいなことが起こっているようなんです。



あとこれは余談ですが、最近強く思いはじめたことが、ブログとは別に「まとめ」に手を出してみたいな、ということですよ。
なぜかっていうと例えば「岩崎京也」とか「アメリカで禁固”千年”を求刑」みたいに、自分がちょっと興味があるんだけど詳しい情報はよく知らない、ってことをちょろっと書くじゃないですか。すると、同じように、ちょっと興味があるんだけど詳しい情報はよく知らないって人が、検索でいっぱいくるんですね。

そういう人たちに、あー、同じ興味や疑問を持ってる人が沢山いるんだなー、と共感すると共に、詳しい情報提供できなくてスイマセン(´・_・`)って気持ちも湧くです。
そういうときに、そこをまとめページで新しい情報をどんどん追加していって、アクセスするたびにもっと詳しい情報を得られるようにする…こんな風にできたらいいなと思っているんです。


とまあそんなわけで、7月のアクセス解析結果をみていろいろ考えました。終わる。
 
関連記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク

RSSフィード
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。