「スプリンガーがお母さんになりました」あるシャチをめぐる11年ストーリー。

■ハンソン島日記~オルカの訪れる島から~ スプリンガーがお母さんになりました。
初めに注意点:「解釈にちょっと擬人化というか物語化が入ってる」という懸念の指摘があって、それに対してブログ主自身のコメントによると「現地で15年シャチの生態と鳴き声を分析してきたうえで書いています。一般のかたにも知る機会をとこういう書き方をしました。」とのこと。そこはご理解の上閲覧いただきたく。
"何のためにお金にならない研究を?地球のいきものと地球上で共に生きていくためです。ただ、その一心で。"
人間は、多様性のある生態系の中でしか生きていくことが出来ません。シャチの鳴き声の方言を研究することも、彼らの心を知ることも。遠回りですが私たちが今後この文明を永らえさせ、栄えていくことに繋がっています。
関連記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク

RSSフィード
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する