スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キムヨナこそが【女子フィギュアの女王】なのでは?

俺たちは、もしかしたら、ずっとカンチガイをしていたのではないか。

女子フィギュアスケートの女王と呼ぶにふさわしいのは、実は、キムヨナなのではないのか。






そう思ってしまうほどに、浅田真央の演技とキムヨナの演技は、質的に大きなちがいがあるように見える。



浅田真央の演技は、「浅田真央」という別の一つのジャンルにまで突き抜けてしまっていて、競技フィギュアスケートという枠の中だけでは、評価しきれないレベルに達しつつあるのではないか。



あえて言おう、「ちっぽけ」と。
そんなちっぽけな枠の中で、専門家は勝ったとか、負けたとか。色々評価を下すんだけれども、そんなの、門外漢の私には知ったことではないし、キムヨナが高得点を叩きだそうが金メダルを取ろうが、関係ない。



だって、見て何にも面白味がないし、何の感慨も湧かないから、正直、関係ない。
関連記事
カテゴリー
ブログ内検索
関連ページ

RSSフィード
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。