第2次世界大戦最強の男とは?

ここまでの日記で、
「幕末最強の男は勝海舟のお父さんで、現代最強の男は、セガールと室伏である」
ということが判明しました(笑)。

では、第2次世界大戦最強の男とは?というと、こりゃあもう、
「ルーデル大佐」
をおいて、他にはないわけですよ。

それなんてラノベ?:アルファルファモザイク
http://alfalfa.livedoor.biz/archives/51171812.html
死にたい赤軍将兵にお薦め:アルファルファモザイク
http://alfalfa.livedoor.biz/archives/51026033.html

戦績
・出撃回数2530回
・戦車519台破壊
・装甲車・トラック800台以上破壊
・火砲(100mm口径以上)150門以上破壊
・戦艦1隻撃沈
・巡洋艦1隻撃沈
・駆逐艦1隻撃沈
・上陸用舟艇70隻以上撃沈
・戦闘機2機撃墜
・爆撃機5機撃墜
・その他航空機2機撃墜
(被撃墜回数30回)
(戦闘による負傷5回)

…どんな化け物だ(苦笑)。連邦のモビルスーツの比じゃない化け物です。
 

・マラートが旧型で装甲も大した事無かったというのもあるが、(中略)無論、一番の要素は敵陣を交い潜って、同じ戦艦に2回爆弾落として命中させるこのアホ(褒め言葉)の腕前だが。

・撃墜されて、歩いて基地に戻って最初の一言「換えの機体はあるか?」

・ルーデルが単独でソ連軍に与えた損害は10個師団相当

・全赤軍将兵の3/100がルーデル被撃破経験者

・(負傷して片足をなくして)で、入院中病院で珍しく泣いたらしい。
見舞いに来た同僚達は「右足がなくなった事」に対してやはり泣いているんだろうと思っていたら、本人は
「足はまだ一本残っているからどうでも良い。
ソ連の戦車がしばらく撃破出来ないのが悔しい」
という事だった。
「しばらく」、とか言ってる辺り、本人はこの時点でもう既に前線復帰する気マンマンだった様である。

・彼は負傷した際、病院から抜け出してこっそり出撃し戦列に紛れていた為、さらに戦果は多かったものと思われる。何せ「誰が破壊したのかわからない戦車」が多すぎた為、病院を抜け出していることが発覚したくらいなのだから。

 
しかしなにより凄いのは、ここまで凄まじい戦いっぷりでかつ、無事生き延びて戦後、悠悠自適の生活を送ったってことですな。

関連記事
カテゴリー
ブログ内検索
関連ページ

RSSフィード
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する