スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンダーグラウンド・ミュージック

以前からの疑問
「なぜ、ミュージシャンはライブ予定をミクシィのプロフに書きますか?」。

これ、さいっこーに意味ない行為だと思うんスよねー。だって、プロフというのは、基本的にはその人のことを知らない人が最初に見るポイントだと思うんですよ。

どっから飛んでくるのか、あるいは日記記事にポーンと飛んでくるのかも知れんけど、そのあとに
「こーゆー記事を書いてるこの人は、一体どーゆー人なんだろう?」
と思って、プロフを見る。あるいは単純に友人になれそうな人を探してランダムにプロフを見てるのだろうか。

とにかく、そーやってその人のことをほぼ何にも知らん状態で
「今度の日曜日、ライブやります!ひまな人は見に来てね~」
っての見ても…百パーセント行かねえだろ、と思うんですねー。

(あ、そのミュージシャンがすっごい美人の女性ミュージシャンなら別。視覚刺激に弱い男性諸氏は「こんな美人をリアルで見れるのか!」つーてライブに行く可能性大)

そーじゃなくて
「あー、なんだか面白そうな人だなー。日記にコメントでもするかあ」
と思って、そしたらコメントでも温かい対応をしてくれて、あー、いい人だなあ。よし、またちょくちょく訪問しよう。で、また来ました。あれ?日記にライブの話、へー、この人ライブとかもやるんだねー。面白そう!どこでやってんの?

これが、より正確なストーリーでしょう。つまり、訪問者が興味をもってくれそうなプロフがあり、面白い日記があり、それを楽しみにやってくる人がいて…その上で、ライブやります!へえ、この人のライブだったら見に行きたいなあ。ってことなら話はつながる。だから日記にライブ告知は当然あってしかるべきではある…。

なんで、プロフに書くか?

たとえばミュージシャン向けSNSならわかるんだな。マイスペースのプロフにはライブ告知のスペースがあったりして、固定的なフォーマットで
「ライブの宣伝しろ」
ってなっているので、訪問者も逆に面白そうなミュージシャンのライブ告知をあさくってる人がたくさんいるんじゃないかって推測される…でもミクシィはどうよ?

「近くでライブやってる面白いミュージシャンはいないか?!」つーてミクシィのプロフをあさくってる人がいたら、どんな変態だよって思うよ(大爆笑)。
 

実は私、日記のライブ告知すら疑問なんだな。訪問者はそれを求めているのか?

っていうとそれは「訪問者による」。はじめから、ミュージシャンが自分のファンがネット上に集う場所として、ミクシィはじめました。って運用をしてれば、訪問者達は、まちがいなくライブ情報を求めているんだ。だから、当然日記にライブ告知を書くんだ(そのパターンであっても、やっぱりプロフにライブ情報を書く意義はあまり見出せない)。

でも、純粋にはじめはミクシィでそのミュージシャンを知りましたよ。って人の場合、必ずしもその人の音楽に興味がある人ばっかりじゃないんだ。「その人」にだけ興味がある人、ってのも訪問者として想定されるんだ。

そんな人にとっては、ライブ告知をいきなり日記にポン、と載せても「だから何?」なんだ。

そーではなく、今度ライブやるんだけどこーゆー仕掛けを考えてて、ところが仕事で大問題勃発!さあ、仕掛けの準備は間に合うのか?とか、つまり読み物として面白い「ライブ裏話」が書かれてあって、それが凄い面白ければ、初めてライブ見に行ってみたい!になると思うんだ。

いきなり
「4月13日 ○○ライブハウス 17:30開演 熱いロックやってます 興味のある方は 一緒に熱くなりましょう」
体が寒くなって寒くなって仕方がないんだ。

いや、むしろよく目にするパターンはこうだ!煽り文句すらなしに
「近所の人は見に来てください」。
近所だからなんだって言うんだ(大爆笑)。

「キミ、家、近所なんだね!セフレとしてあと腐れなく一度会いませんか?」
っていってるのと発想が大差ないじゃないか。

…ええと、なんかとりとめがなくってきましたが、この文章の結論としてはこうです。
「ミュージシャンの宣伝媒体としては、ミクシィは実は効率が悪い。マイスペースの方がいいんじゃないかって思いますよ。どうでしょ?」。

おわる。

関連記事
カテゴリー
ブログ内検索
関連ページ

RSSフィード
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。