スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【書評】山口百恵「蒼い時」

山口百恵が書いた「蒼い時」という本は、発行当時、世間に衝撃を与えました。

まずは、いわゆるタレント本、暴露本のたぐいとして衝撃を与えました。というより、いわゆるタレント本、暴露本という域を越えていた。

アイドルが自ら、自分の本音を書き殴るという行為自体が衝撃的だった時代。しかもすごいのが、この本、最初に刊行されたバージョンではなんと、手書きの原稿用紙をそのまま印刷してたんですね。

つまり「ゴーストライターではなく、一字一句本人が書いてますよ」というメッセージ。当然、そのまま印刷すること前提だから、異常なまでにきれいに清書してある。その執念。
 
さらに、内容が衝撃的。今手元に本がないのでうろ覚えですが、たとえば彼女の曲の初期の傑作に「ひと夏の経験」という曲があって、その中に「あなたに女の子の一番大切なものをあげるわ」という歌詞があって。

こんなもん、今じゃあたりまえの平凡な表現ですが、当時は、これは相当に過激な表現だった。15歳のアイドル歌手が、歌うような言葉ではなかった。そして…。

「インタビュアーは、みな一様に薄笑いを浮かべて、”女の子の一番大切なものって、なんだと思いますか?”と聞くのだ。どう答えれば、彼らは満足すると言うのか。セックス、とでも、答えれば満足なのか」。

…こんなこと書かれたら、当時インタビューした人たちはみんな、ショボーンですよね(大爆笑)。

で、この文章はこう続く。

「セックス、とでも、答えれば満足なのか。私は”まごころです”という回答で押し通した。それは、私の本音でもあった。この曲を歌ううちに、自然と私の中に、その思いは育っていた。女が、男に身をまかせるということは、簡単なことではない。まごころをささげなければ、出来ることではない」。

見事、というしかない。若干15歳の少女が、そこまで真剣にものごとを考え、突き詰めて歌っていたわけです。受け手も、うひゃー、過激な歌だなァー、なんていってその歌を消費しながらも、その裏にある真摯な思いを、どこかで感じ取っていたのではないかと。だから、彼女はカリスマになれた。

そう、最初はこの本はいわゆるタレント本、暴露本として衝撃を与えましたが、そのうち、その域を越えて評価されるようになりました。当時はまだまだ、女性の権利や立場が軽く扱われていた時代。あの時代に、ここまで女性の本音というものを、強い言葉で、正確に伝えた本が他にあったか。この現代でも、ここまで書かれた本はなかなか見当たらない。

この本は、自分の女性観を変えましたね。
それだけでなく、もしかしたら、日本人の女性観が変わっていく、大きな流れのひとつのきっかけになったかもしれない。そのくらい、この本が世の中に与えた影響は、大きかったのです。
関連記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク

RSSフィード
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。