うっとりする話。

夜道を、二人歩いていた。

うちの奥さんが、耳元にうるんだ唇をよせて、甘い声でささやいた。

「うんこがし・た・い・の☆」

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

「うんこしたいんだったら、そこのパチンコ屋さんで済ましちゃえよ!!」
「い・や・だ☆ズボン脱いで、またはくのがめんどくさい。家までガマンす・る☆」
「…めんどくさい言うたら。我慢できずにビチクソたれたズボンを、洗うめんどくささと比べえよ」
「そうなったら、ズボンは捨てます!!」
「…すまん。それ、一回やったこと、ある
「さすがにそれはないな」
「それもさ。大丈夫、ゼッタイ家まで我慢できる!!って思ってたのに、なんと、トイレのドアのまん前で見事に討ち死に」
「ははは」
「こ、こんなところで!!と絶叫しながら、バッタリと倒れこんで」
「ぎゃはは!!」
関連記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク

RSSフィード
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する