二年前に夢見た王ジャパン。

「王ジャパン」
その名前を聞けただけで、実は十分に満足だった。

長嶋ジャパンが話題になっていた、二年以上前に
「でもホントなら、最前線で実戦の血にまみれているカントクのほうが、国際大会にはふさわしい…次は、ぜひ王ジャパンを結成して欲しい!!」
と考えたり、その意見をブログに発表していたワタシ。

あらためて、準決勝の韓国戦で、あの場面で不振だった福留を打席に送った王さんの、度胸にあふれた決断の凄さを思う。

「王さんを選んだ、オレの決断は正しかった!!」
↑お前が選んだわけじゃねえよ!!>俺(大爆笑)。

とにかく、おめでとう。
 
関連記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク

RSSフィード
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する