ワルワル教授ただいま参上!

「わがはいは、ワルワル教授なのじゃよ!!」
「わかってますよ、そんなことは」
「今回も、ものすごい発明品を作ったんじゃよ!!」
「なんか、このキャラどっかで見たような気がするなあ」
「今回発明したのはなんと
ヌードにしちゃうビーム
というものなのじゃよーっっっ!!!」
「おお!そ、それは、す、素晴らしい発明ですねえ
「わかるのかね。これが、どんな発明なのかを」
「ええと、それはたとえば、道行くきゃわいい女の子にそのビームを浴びせると、あっというまに生まれたまんまの姿に♥♥♥ってやつでしょう?」
「んー、ちょっとちがうな」
「ちがうんですか?(意気消沈)」
「これはだね。”ポスターの中の人物限定で”ヌードにしちゃうビームなのじゃよ」
「はあ?」
「たとえばだ。街中に、ごく普通のポスターが貼ってあるだろ?あれにこのビームを浴びせると、あっというまにヌードポスターに早変わり!!
「なんか、うれしいんだか、うれしくないんだか、ビミョーな線の発明ですねえ」
「ええい、ごちゃごちゃとうるさいやつだな!!よおし!このビームの凄さを見せてやる!!今から、この部屋に貼ってあるポスターを、全部ヌードにしてやるからな!
えい、ラルクアンシェルのhide!!」
「そっちの趣味ですかっ!!」

「えい、ヤンキースの松井!!」
「その趣味は、いささか賛同しかねますねえ」
「えい、なかやまきんに君!!」
「もともとハダカですよっ!!…って、そもそもなんでそんなポスターがこの世に存在するんです?」
「ああ、わしが作った」
「ああ、わしが作った。ってなんですかソレっ!」
「ネットで拾った画像を、フォトショップでひきのばして」
「そんなコトやってるヒマがあったら、少しはましな発明を作ってくださいよ!!!」
関連記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク

RSSフィード
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する