確かに、韓国語っぽく聞こえるけれども。

「わたし、もしかしたら韓国語の才能が、あるのかもしれん。だってね、お母さんさっきからこの人の歌、なんて歌っているのか、なんとなくわかるもの」
「お母さん!ちがうよ!!それ、まちがってるよ!!
パクヨンハは今、日本語で歌ってるんだぞ!」
「ええっっっΣ(゜〇゜;)!!」


おかんのカンチガイ、おそるべし。
関連記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク

RSSフィード
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する