たらみユーイチ・うそだらけのプロフィール(改訂版)

1970年
長崎県多良見町で生まれる。しかし、のちにこれはうそだったことが判明する。

1973年
三歳のとき、父の家で生まれる。しかし、のちにこれは筒井康隆のパクリだったことが判明する。
 
1975年
幼稚園児にして「フーコーの振り子」の原理を理解し、おどろいた両親から神童と呼ばれる。しかしお約束どおり、のちにただの人だったことが判明する。

1972年
小学校入学。しかし、年が逆行しているので、入力ミスであることが判明する。

1983年
私立久留米大学附設中学校に107番という成績で合格する。しかし、附設は合格者には順位をおしえない決まりになっているので、この記述自体が事実かどうか疑わしい。

1985年
アイドルにあこがれるお年頃。なんと、ホリプロスカウトキャラバンの予選を突破。しかし、のちに実際には書類選考に残っただけであることが判明する。
(注:知ってる人は知ってるが、実は書類選考に残るだけでもものすごい難度である)。

1986年
金縛りにあいたいお年頃。ある日、ホントに金縛りにあうが
「ふむ!自律神経失調症だな。これは」
と豪快に言い切って、そのまま寝てしまう。ほぼ同時期に発生した
”幽体離脱しかけたものの、その体験を母に話すとこともなげに
「ああ、私も子供のころは空を飛んでたよ」
と真顔で言われ、なんだ、別にたいしたことじゃないんだ、と思いそのまま忘れ去ってしまった事件”と共に、のちにたらみユーイチが
「超常現象音痴」
とよばれるようになったゆえんと考えられる一件である。

1987年
オートバイで爆走したいお年頃。峠を疾走中、高速コーナーでハイサイド(スリップを立て直すのを失敗した反動で空中に吹っ飛ばされる危険な転倒。多くの場合、頭部を強打する)を喫し、一分間ほど記憶喪失を体験する。なんともいえないトリップ感であったと伝えられる。なお、一年後に再びおなじ峠を訪れ、同じコーナーで見事、フルカウンターのドリフトを決め、リベンジ。


1994年
いったん就職したものの半年でドロップアウト。やることないんで仕方なく、そこらへんの家の表札を見て回っては地図に書き込んでいたところ、異常に背の高い、もじゃもじゃ頭の男が現れて、
「ほう、キミはなかなか面白いことをしているね。お金は出すからその地図、ゆずってくれないかね。てか、ゆずれ」
といわれたので仕方なく
「住宅地図のゼンリン」のアルバイトをはじめる。


またこのころ、オリジナル曲の作成も開始する。

1996年
オリジナル曲「もえろシャーベット」が、地元ラジオ番組で好評を得る。

1997年
福岡市で行われたイベント「GIGA ART LIVE'97」に出演、数回のライブを行う。最終日に、自然発生的に行われた他ミュージシャンたちとの即興演奏大会は、延々と電子音を洪水のようにたれながす凄まじいものとなった。

1998年
テクノユニット「シンセパワー」結成。若さあふれるパンチとビート、そしてダイナミックサウンド、はじけるフレッシュなヤングさを売り物としたビッグバンドとしてデビュー。


このころ就職もするが、その会社はジェームス・ボンドに狙われる危険な会社であり、びくびくしながら働く。ってこのくだりをその会社の人が読んだら、
「だから、ジェームス・ボンドになんか狙われないって!!」
っていっせいにつっこまれるんだろうなあ。この文章見ただけで何の会社かわかったら神だ。

2001年
つきあっていた彼女(イコール現在の妻)に妊娠の兆候が。
「おれもそろそろ身を固めなきゃ。てか、もうすぐ人の親になるってのに音楽なんかやってる場合じゃないし」
といってたらみユーイチ、シンセパワー脱退。しかし後に、彼女は、単なる太りすぎだったことが判明する。

2002年
株式会社
「神聖モテモテ王国」
に、プログラマーとして就職。
「介護ソフトを作るのじゃよー!!」
「会計ソフトを一ヶ月で作るのじゃよー!!」
などといった、社長の珍作戦を黙々と遂行する毎日。

2003年
たらみユーイチ、結婚。当日、ルパン3世と銭形警部が乱入し、
式場は、大混乱に。


その他、
ひそかに地球を侵略にきた宇宙人と戦い、激戦の末にとらわれていた父と再会したとか、
スパイダー星人から蜘蛛の能力を授かったとか、
初心者なのにいきなりザク2機を撃破したとか、
お金がなくて一年間もやしと米だけの生活をしたとか、
好きな女の子から「お父さん」よばわりされ、がっかりするどころかまんざらでもなかったとか、
ローマ帝国を建国したとか、


さまざまなうわさがささやかれているがすべて、単なる神話・伝承のたぐいと思われる。
関連記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク

RSSフィード
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する