スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日記ページやめたい」の波。

あいかわらずウツです。こんにちわたらみユーイチです。
 

日記ページ、やめた~い!!
「また、はじまったか。」
いや、今回の「やめた~いの波」は、かなりの大波ですよ。
 

◆「ブログで自滅する人々」
最近興味があるのが、2ちゃんの「祭り」の対象者となった人々について。

ブログで自滅する人々」というコンテンツを見て、いわゆる

(((;゜д゜))ガクガクブルブル

の状態です(笑)。
 

こわいなあ。いや、ここで上げられてるケースはもちろん、祭られた側に問題があるケースばかり。でも物事には「誤解」と「勢い」ってやつがあるからね。

ひょんなことがきっかけで、なにげなく書いた記事で一気につるし上げられ、プライバシーを暴かれまくって、社会的に終わってしまうかもしれん。というのは、かなりオソロシイ想像ですねえ。

これはもう、日記ページやってる以上は確率まったくゼロとは言えない危険性ですやねえ。ことに、おいらのような「ズレた感性」の持ち主にとっては。

自分にとって普通のことでも、他人に仰天されることがよくあるし。ああ、もう、日記ページやめたいなあ。

やめれば。リスクはゼロだ。
 

◆家族を守る義務がある
てゆうか、自分一人ならいい。ゆえあって十代のころ、見ず知らずの人々にプライバシーをあさくりまわされた経験があるので、多少は慣れてる。祭られてる!!と気づいた時点できちんと謝罪して、許してもらえるように全力で対応すれば、…まあ、最小限の被害であれば、ガマンは出来なくもない。

しかし、今は家族がいるわけですからね。妻は、そういう部分ではフツーの人だから、多分耐えられないと思う。
 

十代のころとちがって、おいらには責任がある。そうそう、リスクばかりはとれないっすよ。 
 

◆日記ページに求めているもの
話は変わりますが、
「WEB上での葬式が出来ないのは、やだなあ」
って気持ちが昔からある。

今ね、ネット友とリアル友が、きっちり別れてるような状況なんですよ。

この状況には多少問題があってね。もし、おれがこの記事を書いたあと、急に死んでしまったら。

多分、ネット友の方は、だれもおいらが死んだことに気がつかない。

「あれえ?最近ぜんぜん更新がないなあ。ネット、やめたのかなぁ?」
とか思ってたら、10年くらいして、実は死んでいたことがわかって…って、こんなことになりかねない。これはイヤだ。
 

なのでホントは、ネット友もリアル友も両方見る日記をやりたい、という気持ちは強くあるんです!!だけどそこはホレ、前述のようなネットの危険性を考えるとさあ、ちょっと踏み込みづらいものがあるんだよねー。



◆「つまらない日記」をやろうか。
なんてことを考えてるうちにたどり着いたのが
元祖しゃちょう日記」の記事
炎上せずに実名ブログをやる3つの方法」。
 

これはちょっと、目からうろこでした。そっかあ、そーゆー日記ページでもいいんだなぁー。と思って。

炎上することを書かない日記、ってのも、逆の意味で面白いなと思って。例に挙げられた

渋谷ではたらく社長のblog
10/05 無難なジョーク

てのに、死ぬほど笑いのツボを押されてさあ。

それのどこが面白いのか、というと、直感的にああ、面白いかなあ。と思ってくれる人じゃないと、説明しても多分わからないんだよねー。
 

◆「まんじゅうこわい」
その昔、まんじゅうこわい、って話を考えてさ。

ワタシは、まんじゅうを食べた。そのまんじゅうには毒が入っていて。食べたワタシは、あの世行き。
やっぱり、まんじゅうはこわいなあ!!
 

って言う…(汗)。ご存知のとおり、もともとの「まんじゅうこわい」は、かなりひねくったおはなしでして。それを、恐ろしいほどにそのまんま過ぎる作品に変換しちゃいましたよ、ということ自体がオチ、って言う…ああ、説明するとむなしい…(涙)。
 

でね。これを友人のEくんに話して聞かせたら。すっごい無表情に、
「たらみさーん、それ、どこがおもしろいんスか?」
と言われてしまった。

しかし、もう一人に聞かせたら、バカウケ。もうちょっとで、笑い殺せると思ったんだけどなあ…なんてね。
 

◆んで、やっぱりズレた結論に。
だからさ、
「日記ページとは、何かオモシロイことを書く場所だ」
と思い込んでるニンゲンが、あえて逆に、とことんツマラナイ日記を書くということは、その行為自体がギャグにならんかなあ…なんて考えたりもしてるわけ。

たとえば、こんな感じ。
 

11月16日
ひさしぶりに鳥ZEN亭でランチ。やはりおいしい。最近は鳥インフルエンザに関する報道をよく目にするが、鳥大好き人間としては困ったものである。今日は、ごはんのおかわりにもチャレンジ。

社に戻ると、クライアントからの緊急コールが!!ネットワークに異常が生じたとのコトであわてて飛んでいく。しかし行ってみたら、ただ線が外れていただけだった。ううむ。「まず線を疑え」というのは、ネットワーク技術者にとっての金言である、とあらためて痛感する。

明日も、鳥ZEN亭に行くつもり。今からうずうずしています。
 

わはははははは。
…ああ、おもしれえ!!これ書いてる時点で、おかしくって一人で腹をかかえてゲラゲラ笑ってるんですけど!ねえ、面白くないですか、おもしろくないですかっ?!

…ああ、やっぱり伝わらないかあ…(泣)。
 
 
 
 
そんなわけで、そのうち「極端につまらない日記」を実名でやるつもり。よろしくです。
関連記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク

RSSフィード
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。