近状報告!!

最近のおいらの近況なんぞを。
 

◆ご冥福をお祈りいたします。

なによりショックだったのは、なんといっても本田美奈子の死。

彼女が白血病になったことを知って、真っ先に頭に浮かんだのが、5年前のショッキングな出来事。会社の同僚の女の子が白血病で急死したのだ。

まさか、彼女も同じように…と思ったが、そんなことはない、ゼッタイ回復してまた、あのパワフルな歌声を聴かせてくれる…と信じてきた。なのに…。

やっぱり、改名が悪かったんじゃないだろうか。「もう一画増やせば、飛躍的に伸びる」といわれて、名前の最後に、ドットをつけた。でもドットは、ひとの名前じゃないからなあー。ひとならざるものが付いてしまったのでは…というのは、うがちすぎだろうか。

残念です。なんか、この出来事に引きずられて微妙に元気をなくしてます…。
 

◆地道に筋力トレーニング。

最近、他所のネタ投稿ページにちょくちょく投稿しています。

久しぶりなんでなかなかカンがつかめなくて。投稿失敗して常連さんにご迷惑をおかけすることもしばしばなんですが…(汗)。

うちのブログは、今年いっぱい休止ということにしています。が、その間なにもしないと、笑いの筋肉がなまってしまう。

もうしわけないが、筋トレをさせてもらってるような感じです。カンをとりもどすまでは少々、がんばって稽古をさせてもらおうと思ってます。よろしくです。
 

◆いきなりですが政治問題。

「靖国参拝、なぜ悪いんだ!!」
などと一部の勢力が声を荒げています。

いえ、悪くないっすよ?

総理が靖国に参拝しても、ゼーンゼン問題なし!!

ただ
「問題にしちゃった人々がいる」
という歴史的事実は、現実として認識するべきではないでしょうか。

戦後しばらくは、ふつーに参拝してたわけですよね?それを誰かが、
「私は参拝しない!!」
とか言い出したからややこしくなっちゃった。

そこに中国やらが目をつけて、さっそく非難の材料につかった。だから問題になった。それだけのことかなと。

中国や韓国を非難するより、まず日本外交のあまりのヘタクソさをこそ正すべきではないかなあ、と…。
 

おいらの中での外交の定義とは
「腹の中ではコノヤローと思いながら、ニコニコ笑顔で握手すること」
だと思ってます。日本人は人が良すぎるよ。

まじめに腹立ててもしょうがないじゃん。国民性がそもそもちがうんだから。

怒りの声を上げるより、ニコニコ笑顔で交渉して得られる利益はいただく。これくらいちゃっかりしたトコがないと、外交上手な国とは呼ばれませんよねー。

「相手からの理不尽な非難」というやつは、使い方によってはこっちのプラス材料に利用できるはず。ただし、それにはこっちの非をつつかれないように状況をコントロールすることが前提。

今の日本政府はむしろ、靖国をタネに状況をコントロールされているように見える。これが、おいらには面白くない。

「靖国参拝、是か非か?!」
ということも大事かもしれないが、それにもまして、
「外交戦略上、相手をどうコントロールしていくか」
という観点から靖国問題を考えた方が、国家の動き方としては現実的ではないかと。

…現実的すぎて興ざめですか?でも、政治とか外交って、本来つまらないものだと思うんですが。最近の政治は、エンターテインメントしすぎて危険だ、という気がしてなりません。
 

◆陰鬱な11月。

本田美奈子さんのことや、仕事のこと家庭のこと。いろいろヤなことばっかで、陰鬱な気分になってます。

でもまあ、実は例年、11月って陰鬱になるんですよ、フランシーヌの場合。いやちがったおいらの場合。

冷たい風は吹き始める、木は枯れてゆく…。どっか、町に閑散とした空気がただよう…。

いやだなあ。
 

でもこれが、12月になると自然と直っていくんですね。12月になるとあっというまに夜になって、夜になると町には、はなやかなイルミネーションが満ちてゆく。それを見てると、自然と気持ちが浮き立ってくるんですねー。単純ちゃあ単純。

だから、来月になればこの陰鬱な気分も、次第に解消されてくるはず。そう信じて、今を我慢するしかないっすねー。
関連記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク

RSSフィード
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する