更新ペースを決めるということ。

仕事が充実してるときに、ムリして日記更新しなくても、いいんじゃないかなあ。

えー、1月19日におきまして、一万アクセスをいただきました!ありがとうございました。おいらも長年、いろんなホムペを作ってきましたが、サイト開設から約、5ヶ月と19日での一万アクセス到達は最速でございましたよ。

ところで、それはそうと。

一万アクセスが目前だったので、アクセス数をちょっとでも上げたいと思って書けるときは一日数回のエントリーを書いてきましたが…。

もうね、仕事も忙しいしね、会社は倒産寸前だしね(爆笑)。こんな、エントリー書きまくってる場合じゃねえや。ブログ書いてて会社倒産しました、じゃあ、どうしようもないしねー。

ところで。

うちの会社は一月決算なんですが、たしか、去年の一月も
「会社、倒産するかも」
と日記に書いた記憶が。

なぜ、そんなにも毎年毎年、倒産寸前の状態まで追い込まれるのか。

それは、うちの会社が、こんな会社だからです。


社長 「新しいソフトをつくるのじゃよー!!」
開発部「また はじまったか。」



…「神聖モテモテ王国」というマンガを知らない人には、なんのこっちゃかさっぱりわからんと思いますが、逆に知ってる人からすれば、

「ええっ!!そ、そんな無茶な会社に勤めてるのかよ!!」

と驚愕すること間違いなし。


つまり、

社長が思い込みで周囲が止めるのも聞かず珍作戦を展開→会社が危機におちいる

この繰り返しなんですね。


うちの主力商品である
「セミ・オーダータイプの高機能販売管理ソフト」と
「おいらが開発した、ある特殊な業界向けの顧客管理ソフト」

これを堅実に売ってりゃあ、そうそう会社が危機におちいるわけないんですけどねえ。


この間もさあ、東京本社にいる社長から
「訪問介護業務の支援ソフトを作りたいから、情報を収集してくれ」
といわれたので一通りの資料を作成して、社長が来福されたときに、その資料を見せて、説明したんですよ。

「そんなわけで、レセプトのデータを作成したら、それを特殊なフォーマットの電子データに変換して、送信しないといけないんですよ。これ、作るの相当な時間がかかると思うんですが…」

そしたら社長のメガトンパンチなひとことが炸裂。

「なにをいってるんだ。
そんなめんどうなところは、抜かして作るに決まってるじゃないか!!」




…。

あの、すいません。

コーヒー豆の入ってないコーヒーを売ってどうしようってんです(爆)。

当然、その無謀な作戦は現在も決行中なわけですが、このくそいそがしいときに一人のプログラマーを3ヶ月くらいデモ用ソフトの開発のために拘束しつづけて、結局、売れる見込みは、まったく立っていません。そりゃそうだ。一番肝心な部分を抜かして作ってるソフトが、売れるわけがない。倒産寸前の状態なのに、営業も余計な動きをさせられて、…ああ、もう!!


えらい話がそれちまった。だからまあ、路頭に迷いたくなかったら、ブログばっか書いてないでとっとと仕事しろ、作業を早めて一個でも多く納品しないと、入金が減って資金がショートするぞ、って話です。

なので当面、建前上は、
「平日のみ火・金曜日更新」
ということにして、水曜日と木曜日は、余力があるときだけ不定期に書こうかな、と思っています。月曜日は、余力があっても何も書きません。

 

さて。
ようやく本題です(な、なんだってえー!!)。

そう!ここからが本題ですよ!!まずは、このHOT WIREDの記事

■ブロガーに蔓延する「燃え尽き症候群」

をご覧ください。


おいらの場合、もう、8年くらい手を変え品を変え、個人ホームページを運営し続けてきましたが、こういう危機は、皆無でしたねえ。

…だって、ムリするのやだもん(笑)。

はじめから、きついことはいやだ!という健全なるダメダメ精神にのっとり、無理のない更新ペースを図り続けてきた、そんな8年間だったわけです。

上記のリンク記事にあるように、フルタイムの仕事しながら、そうそうホムペ運営ばっかやってられますか、報酬もないのに(笑)。更新にプレッシャーを感じるようになったなら、意味がありませんよ。

更新にプレッシャーを感じない秘訣。それは、
「最初から、これ以上はやりません!!と宣言しておく」
これにつきます。てゆうか
「そんなばかな!そんなやる気のないことでどうする」
と説教たれるような人から脱落していくんです。この世界は。

更新にプレッシャーを感じたら、とにかく、更新ペースを落としてみましょう。読者の皆さんにも
「更新ペースを落としますよ!!」
と、宣言してみましょう。そうすると、気が楽になって案外以前にもましてハイペースで書けるようになったりするものです。


以上、東海林がお伝えしました。


 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
ブログ内検索
リンク

RSSフィード
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する