20代前半女子にマジであついエールを

うーん。コメントを、ちまちま書いてるだけじゃあ、飽き足らなくなってきたなあ。
こんにちわたらみユーイチです。


えーとですね。このサイトの常連さんであるTまAこさんが、最近、悩まれているわけですよ。

それに対して、彼女のブログにコメントを書き込んできたんですが、ここはひとつ、まるまる一本その「お悩み」に対して、ブログ記事を書いてしまおうかな、と。


ここまでのあらすじ:
TまAこさん(西東京エリア代表)は、悩んでいた。
体重が減らないことに。

燃えろ、脂肪!
終われ、仕事!

むきゃーー!

あー、話の持って行きかたをまちがえたよ(←いつものパターン)。ちがうって。そうじゃないってば。悩みは、脂肪じゃなくて、仕事のほうですよ。

ねー!!


まあ、仕事が忙しいらしいんですよ。それも、
「商売繁盛!!」
的な、いい忙しさじゃなくて。

単に、発言権の弱い、拒否権の弱い人に仕事が集中してしまうみたいな。


なんかね、仕事の体制をきちんとつくってない、ダメな会社にありがちですけどね。おいらも、そんな会社につぶされそうになってあわてて逃げたクチなんで、その苦労は、なんとなくわかるような気がする。


で。

「やめたい」言われてはるんですね。


んで、最初のうちは、
「やめなくてもなんとかなるようにうまくやっていきながら、工夫して表現活動をやっていけばいいんじゃない?」
的なアドバイスをしようかな、と思ってたんだ、うん。

あるきっかけで、ふと、
「そのアドバイスはまちがいだ」
ということに気がついて。

結局ね、仕事をうまくこなしながら工夫して好きなことをやりなさい、というのは、30代へのアドバイスなんだよねー。

TまAこさんは、20代前半の人なので。20代の人に30代のアドバイスをしても、意味がありませんわなあ。


そこで、おいらの十年前、イコール20代前半を考えてみたら、そりゃあもう、ひどいものでした(笑)。

そのときのおいらは
「自分のやりたいこと」
を、なにひとつ確立させてはいなかった。

漠然と音楽はやりたくて、だけど、音楽製作の手段がわからなくて、地元ラジオ番組に替え歌を投稿する、なんてチープな活動しか出来てなかった。

音楽製作に必要なデジタル知識を身につけていたわけでもなければ、小説を一本書き上げたわけでもなく、また、インターネットなんてその当時は、ほとんど世に知られていなかった時期なので、当然その存在自体知らなかった。

要するに、自分を表現するきちんとした手段など、何ひとつ持ち合わせていなかった時代でしたよ。

(あ、発声練習だけは、とにかく毎日やってたけど)。

で、さ。


まだ社会人一年生だったおいらは、ハンディシーケンサーとよばれる、VHSビデオサイズの簡易型音楽製作マシンを給料で買い、なんとか、曲らしいものを作れる程度にはそれを使えるようになったのね。

その時点で
「おれは自分のやりたいことが思う存分やりたいから、会社をやめるぜ!!」
といって会社をやめちゃってました。





…アホだ(苦笑)。


いや、だからね。
20代前半なんて年代はそれくらいアホでも大丈夫(爆笑)ってことよ。ええ。


そんなアホの子でも、今じゃあちゃんと結婚して仕事がんばってますから!ねーっ!!


そのときアホの子はアホの子なりに思っていたのが
「若いうちは出来る限りたくさんの可能性を試せ」
ってことでしたな。

若いうちに自分の可能性を存分に試せなかった人間が、30代以降に道を誤るものだよ。

「自分自身の果たされなかった可能性」への存念が大きければ大きいほど、高齢になってからの
「過酷な現実に立ち向かう力」
は、弱くなるのではないか、そんな気がする。


…また、高齢になってから道を誤るほうが、若いときよりダメージがでかいしね!!


若いときの「道を誤ったダメージ」ってね、自分で
「あちゃー」
と思うほどには、実は大きなダメージでないことが、ほとんど!

また、若いがゆえに回復力も強く、20代で大失敗した人間が30代後半から40代にかけて大ブレイク!!という話は、ビジネス界ではよく見かけるところです。

だからむしろ、20代は堂々と胸をはって道をあやまれ!!(爆笑)って言ってもいいくらいだと思うよ。


あとはそうだな、まわりの人への感謝を忘れない、ってことかな。


20代の人間がおもいっきり自分の可能性を試せるのは、はっきりいって、まわりのサポートしてくれる人間の力が、あってこそだから。

ご両親とか、彼氏とか。そーゆーひとたちに感謝する気持ちが少しでもあれば、あとは気持ちのままにつっぱしって全然OKだと思うから。


そーゆー人生を選ぶと、はっきりいってつらいこともいっぱいあるだろう、とちょっとは脅かしてみたり。

だけど、自分のやりたいことやれなくて、さらに仕事はしんどい、いやな思いをする、という人生を選んでも、つらいのはいっしょ。

同じつらいなら、より自分らしく生きてつらいほうが、いいような気がする。


話を戻すけどさ、おいらみたいなアホの子♪でも、それなりに生きております!!だから大丈夫!


…なんか、植木等が
「おれもないけど心配すんな」
といってるようなトーンだな(爆)。見ろよ青い空白い雲。


 
関連記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク

RSSフィード
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する