スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SEO「大失敗」の事例。

さて。
ええと、12月10日で、7000アクセス突破したようです。ありがとうございます!!


さて、1000アクセスの区切りごとに書いてる
「ホームページ作成に関する雑感。 」
カテゴリーですが。今回はちょっと視点を変えて
「おいらが実際に目の当たりにした、とある企業のSEO失敗事例」
というやつを、紹介しましょう。


その会社は、CM・広告に相当お金を突っ込んでいる会社で、九州では知名度ダントツの会社なんですが。

そんな知名度のある会社なのに、なぜか、ホムペの検索ランクが、上がらない。

その会社が属する業界で必ず扱う商品。その商品名で検索しても、
上位500件にも入れない。

そんなの
「web上に存在しない」
のといっしょじゃん。

「製作会社に、これじゃ金を払った意味がない、どうしてくれるんだ!とやかましく言っても、対策をとります、3ヶ月かけて段階的に順位を上げます、とかいって、もう一年ですよ一年っ!!どうすれば、いいとですかねえ?」
と、その会社の常務さんからいつも、グチを聞かされてましてねえ。

最初は、よその会社の悪口をいろいろ言うのもなんだなー、と思って何も言わなかったんですけど。

あんまり言うので、ちょっと気になって、その会社のホムペをあれこれ分析してみました。


…ええと(汗)。


なんだこりゃ、典型的な
「デザイナーバカ」
が作ったホムペだなこりゃ。

まあ、ね。トップページの中央にいきなりドカーンと
「意味なしフラッシュムービー」
があって他になんにもコンテンツがないのはご愛嬌(爆)としても。


その、なんにも内容がない「ムダな」トップページのソースコードを見てみると、
JavaScriptの嵐。

その、SEO的にはまったくムダで邪魔なJavaScriptコードで何をやっているかというと、
ただ単に、一定時間がたったらメニューページにジャンプするだけ。


…次のページに飛ぶプログラムくらい、フラッシュに埋め込めんのか。その無駄なコードが、確実に検索ランクを下げているというのに。

で、メニューページ以下も、まあ、デザイナーバカページだな、って感じで。てゆうかキミらは、どうしてもとことん文字を画像にしたいらしいな。

ひとつの文章を画像に置き換えるたびに、ひとつ、またひとつと、検索ランクが下がって行ってるというのに。


まあ、その辺が、検索ランクがあがらないリユウかなー。なんて思っていたら、

最終的にこれ以上ないボムが。

なんと、その業界を代表する、誰もが検索に使用するであろうターゲット・ワードたる商品名が、

 
 
 
 
 
 

そのサイト全体でたった3箇所しか使われていないことが判明。


うわあああ!これで検索ランクが上がったら、奇跡ですよ!てゆうかおきないから奇跡っていうんですよ(←パクリ)。


デジタルの仕事に奇跡は起きなくて、ただ、やったことに正確に結果がついてくるだけのことで。


「ターゲット・キーワードで上位500位にも入らない」
それが、その会社の結果。正確なリザルト。


…てゆうか、この文章を読んでる人が仮に企業のホムペ担当者だったら、震え上がってくださいね。そこで「震え上がる」という想像力のない人には、同じ危機が訪れる可能性大。

危機管理とは、イコール想像力のことですからね。


話を元に戻すと、あまりの結果にさすがに唖然として、その常務に、具申したですよ。

「製作会社に、”SEO”というキーワードを、ぶつけてみてください。一年以上もランクが上がらなかった結果をもって因果を含めて、すぐに対策をとらせてみてください」


何日かして、またそのホムペを見たら、
トップページにメタタグつけてやがった…。




…。

「SEO対策をとれ」
とお客に言われて
「メタタグをつけました」

…あんたら、何億年前のweb製作会社だ?


ええと。正確には、トップページのみタイトルを若干変更して、そのターゲットキーワードを3箇所も織り込んで、さらにメタタグの中にも、そのターゲットキーワードを狂ったように入れてました…。

メタタグってのは、ヘッダー部分にいろんな情報を「埋め込む」ためのタグで、ごくごく初期には
「ここにキーワードを埋め込めばグーグルランクが上がる」
といわれていたんですが、あんまりにも極端にメタタグにキーワードをつめこむホムペ業者が増えたことで、グーグルではこれを、
「検索エンジンスパム」
と呼んで、排除する傾向へと傾いたわけです。


やりすぎると「スパムフィルター」というものにひっかかり、グーグル上に、まったく表示されなくなってしまうんですよ。

…ひっかからなきゃ、いいんですけどねー。スパムフィルターに。もし引っかからなければ、その修正によりおそらく、最低でも50位以内には入ると思うんだけど。おいら的には、五分五分かな、と思ってます。早く、結果でないかなー。


おいらがホムペを作るときは、メタタグなんて使いませんよ?ブログも含めて、おいらのホムペでは、メタタグにキーワードなんか埋め込みません。スパムフィルターに引っかかる危険性のほうが怖い。

メタタグに頼らなくても、過去においらがつくってきたホムペでは、自分で狙ったターゲットキーワードでは、必ずベストテンに上げてきましたからね。2004年12月13日現在「たらみ」で4位のうちのホムペです。

「たらみ」では一時、2位まで上がりましたよ。「株式会社たらみ」という不動の一位がいるこのキーワード内では、ほとんど1位をとったようなものです。


話を例の企業ページに戻すと、メタタグ以上に気になることが。

その会社のURLで検索をかけてみても、
「どう考えても、検索サイトに手動で登録した形跡がない」。

ネットオフィスナカイたった一つに登録するだけでも、ランク全然ちがってくるんだけどなあ。

_| ̄|○


 
関連記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク

RSSフィード
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。