スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今のおいらの「幸せ」とは?

スーパーSM嬢、萌え!!
↑あいかわらず萌えの方向性が豪快にまちがっているヤツ。こんにちわたらみユーイチです!!


11月に入ってからなんか猛烈に調子悪くて、猛烈に鬱で。

先週書いた記事にあったように、なつかしい人に出会って、気分が晴れたなーとおもったら、直後にいやな人に会ってまた、気分が暗くなったり。

そのあとでまた、別のなつかしい人を見て気分がちょっと晴れたかな?と思ったら、実家の親とのトラブルで、またヤな気分になったり。

そんな感じでずっと「低空飛行」を続けてきたんですが、ここに来て気分は急上昇!!

完全
復活。

(↑「覚悟のススメ」調)。

 

たとえばね。

人生において、
「お金持ちになる」と
「お金持ちにならない」の二つしか、選択肢がないとしましょうか。

実際には、その二つのあいだに無数の中間ポイントがあるのが現実の世界ですが。

その、ストレートでもカーブでもない中間ポイントを最速で駆け抜けるのが、公道最速理論の…。

論旨をまちがえた…。


うーんと、ホントはね。その無数の中間ポイントのどこかに
「自分の居場所」
ってやつが、あるわけなんだけどぉ。話をわかりやすくするため、あえて「お金持ちになる」と「お金持ちにならない」の二つしか選択肢がない社会というものを、想定してみます。

二者択一しかないんだったら、中には
「お金持ちにならない方が、自分にとっては居心地がいい」
という人間だって、当然いると思うんですよね。

「金持ちになりたいけどなれない」というおいらを含む大多数の人間にとっては、そーゆー人はイメージしづらい部分もあるけど。

まあ
「金持ちになってみたけど、なんかちがうなあ」
つーて、今のふつーの暮らしを選ぶにいたった
うちの奥さん
みたいな変人(笑)も、実在しますからね。


バブル末期に、2億円のゴルフ券をふいにしちゃった女。


それはさておき、そーゆー社会だったらみな
「金持ちになるのが幸せ」
と、思ってるわけじゃん。


だから、
「お金持ちにならない方が幸せ」
「お金持ちでない方が、居心地がいい」
なんていう人は
「世間の通念」
ってやつと、衝突するはめになってしまいます。

衝突して、たぶん、大変きつい思いをあじわうことも、あるのではないかと。
関連記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク

RSSフィード
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。