スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妻を説得するたったひとつの冴えたやりかた

ああ、また、台風だよ。
今年はホントに台風が多いっすね。
  

9月末のこと。

あいつぐ台風に、最初はバリバリ警戒して、台風情報見まくったり、窓にテープを張ったりと、張り切って台風対策していた妻も、いーかげんうんざりしてまして。

とうとう、台風が接近しているにもかかわらず、
「今日は、窓を開けて寝る!!」
とか、言い出したんすよ。

「だーって、蒸し暑いもん寝れないもん窓開けて寝るんだもーん!寝るんだもーん!!」
「おいおい。寝てるあいだに台風きたら、どーすんだよ!」
「大丈夫だって!台風が最接近するの、明日の昼だよ。いくらスピードが速まったって、朝までは大丈夫よ、だいじょーぶ!!」
「だからってさあ!おい!」

っと、ここで高圧的にいったところで、反発して余計にわーわー言われるだけだ。こんなときに妻を説得する方法は、心得ています。
 

「もしも、もしもだよ?寝てるあいだに台風来ちゃったら、どうなると思う?あなたねえ、台風で、ぴゅ~と飛ばされちゃうよ、ぴゅ~っと」
「そんなわけないでしょ!!」
「いいや、きっと、飛ばされちゃうね。ぴゅ~、くるくる~って、糸の切れたゲイラカイトみたいに」
「…」
「それでさ。空のかなたで、くるくるくる~って回りながら、キャー、あなた助けてー、って、叫ぶんだよあなたは」
「…当然、助けてくれるわよねえ?」
「いいや」
「なんでよ!!なんで、助けてくれないのよ!!」
「ムリだって!!そんなさ、手の届かないはるか空のかなたに、ぴゅ~、くるくる~って飛ばされていってんのに、どうやって助けるんだよ!!」
「!そんな、非道い!!なんとかして、助けろよ!!」
「ムリ、ムリ。それでさ、(凶悪な笑顔を浮かべて)ボクは、空のかなたに向かって叫ぶんだよ。あー、それはさすがに助けられないさようならー、ってさ」
「!…嫌ーッ!!(←すでにべそかきつつある)」
 

台風でぴゅ~と飛ばされていく妻の想像図:
041018tifu.gif
 

「さようなら!ボクのママちゃん!!一年間、どうもありがとう!!ってね」
「…(わなわなと震える)」
「楽しかったよ!!一年間の結婚生活!!だけどさよならだ!!キミのことは忘れない!永遠に忘れない!!ありがとうそしてさようなら!!バ~イバーイ(=^▽^=)ノ
なんてことになったら大変だから、窓は閉めて寝ようね!!」




…。

「…うん。わかった…(完全に泣き顔)」


説得というのはこういう風にやるんだ。
(↑パタリロ調で)
 
 

 
関連記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク

RSSフィード
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。