はなくそ時評。

■不評の「女性手帳」当面配布見送りへ NHKニュース


「議員のおっさんたちに男性手帳を配る方が先じゃね?啓蒙必要なの、まずそっちじゃね?」

「より過激なことを言い続けないと選挙で勝てない」という間違ったプレッシャー。

橋本さん(エゴサーチよけであえて誤字)みたいな政治家ってのは、バンジージャンプで笑いを取れなくなって人間ロケット花火に挑戦せざるを得なくなるお笑い芸人みたいなもんでさ、

「結婚」に関するファンタジーと現実と断絶と。

この匿名ダイアリーが人気。


■おっさんが水商売の店に行く理由

■おっさんが風俗で何をしているか知っていますか


記事の内容は普通だけど、トラックバックでのやりとりが面白いね。
どうして、共感する人と否定する人とで、こうも結婚というものへの認識のギャップがあるのかって。




追記:
あ、あと、否定派の中にはあきらかに
「痛いところ突かれて必死に攻撃」
ってパターンの人も見受けられる。

自虐その2。

君のブログには、まったく面白くない毒有りジョークと、鬱な自分語りしかないんだな。

自虐。

「なんだね、たかだかその程度の見識を自慢げにバラまくためにだけに、君のブログは存在しているのかね?」

すごくどうでもいいことさくっと書きます。

十代のころから数多くの青少年向けコンテンツの中で
「教科書は何も教えてくれない」
式の表現をあれこれ見てきたわけですが。



この歳になって改めて見直してみると、実は教科書で学べることが大量かつ多様にあって、
「教科書は何も教えてくれない」
式の表現を真に受けてた人間はむっちゃ損をしてることに気づきます。



ま、そもそも教科書から何も学べないような人間は、人生からもたいしたことを学んでいませんよね。



そもそも「教えてくれない」という受身の姿勢がまずだめ。
カテゴリー
ブログ内検索
リンク

RSSフィード
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する