バブル崩壊後に発生した危険地帯

アナログレコードをPCに取り込んで聴いています。
昨夜は、「ワインレッドの心」「碧い瞳のエリス」などをPCに取り込みました。

「この頃の安全地帯は、まだ安全地帯だった…」
「なに言ってんだよ!」



「今ではもう、すっかり危険地帯…」
「だからやめろって!」

ヒロシはなぜブレイクしないのか - お笑い芸人と限界効用

そういや昔、池田センセーが小室哲哉の音楽について「限界効用」という切り口でエントリーを書いていて。

■小室哲哉シンドローム - 池田信夫 blog(旧館)

「僕はビートルズ」というマンガで、音楽は生活に必要無いものだ、という趣旨の台詞がある。「(だから)最高のものを選ぶのさ。」
何が最高か、というのは、触れた人の心にどれだけ新しいものを与えるか、によるのでしょう。というわけで、音楽に限らず芸能全般そうだと思うけど、常に触れた人の心に新鮮な情動を与え続けなければ、その価値は、あっという間に下がる。

  

■当記事:ヒロシはなぜブレイクしないのか - お笑い芸人と限界効用→の全文を読む

カテゴリー
ブログ内検索
リンク

RSSフィード
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する