福岡でそんなラジオ番組がありましたとさ。

デオキシリボ格さん - アルファルファモザイク

グーグルってのは、本当に恐ろしい企業だな。

機動戦士Ζ宮本武蔵。

10代のころ、「NHK新大型時代劇 宮本武蔵」というドラマ(役所広司主演)が非常に好きでした。
とにかく、音楽がスケールの大きい、かっこいい曲で。

…ふと思い出してなにげなくWikipediaで検索してみたら、こんな記述が。
 

■当記事:機動戦士Ζ宮本武蔵。→の全文を読む

レコードをリペア(アナログ&デジタルで)

レコード、さいこー!!!
やっぱり、レコードの音って、深いね~!!

シャネルズの「街角トワイライト」は、残念ながらふちの部分に細かい傷が入っており、この曲の命である、でだし部分の常軌を逸した分厚さのコーラスパートに、ノイズが乗ってしまう。

これは、買いなおすしかないなー。PC上にとりこんで、編集ソフトでこのパートのみノイズ・フィルターかけることも可能だけど、そうすると、どーしても音が痩せちゃうんだよねー。

この曲の命といえるせっかくのファットなコーラスが、痩せてしまうのはもったいない。買いなおし買いなおし~。

シブがき隊の「挑発∞(無限大)」を聞いたら、曲の途中で針飛びが発生。同じ部分を、まさに「壊れたレコードのように」延々ループしやがる。

こういうときは…。

必殺のアナログ技があるんすよ。要は、部分的に傷が入っていて、その傷の部分で針が飛びはねてしまうわけで、じゃあ、飛びはねるところを、押さえつけてやればよい。

針飛びが発生する直前で、レコードプレーヤーの蓋をあけ、アームに、軽く、本当に軽くそっと指を当てます。こうすれば、だいたい3回に一回以上の確率で、針飛びせずきちんと再生されます。

これを、PCに取り込むんですね。

PCは、CDをはるかに超える高音質で音を取り込むことが出来ます。アナログの深みを、そのままデジタルにすることが出来るんです。

こういうワザを行使しつつ、今日もアナログレコードを存分に楽しんでいるのです。

エクセルVBAが最強すぎる件について。

たまにはプログラマーらしい日記でも書いてみる。
しかし、なぜか2ちゃんねる風。

1 :以下、名無しにかわりましてビルゲイツがお送りします。
 エクセルVBAの可読性の悪さは異常

2 :以下、名無しにかわりましてビルゲイツがお送りします。
 カオスwww

3 :以下、名無しにかわりましてビルゲイツがお送りします。
 テラカオスwww

4 :以下、名無しにかわりましてビルゲイツがお送りします。
 これは人間が読むものではない

5 :以下、名無しにかわりましてビルゲイツがお送りします。
 他社が作ったエクセルVBAのコードを解読しようとした同僚が、
 四次元空間に飲まれて帰ってこれなくなった…。応答なし…。

6 :以下、名無しにかわりましてビルゲイツがお送りします。
 >5
 それ、VBAの開発現場でリアルによくあるよな

7 :以下、名無しにかわりましてビルゲイツがお送りします。
 エクセルVBAは最強。
 誰もかなわない。誰も太刀打ちできない。

8 :以下、名無しにかわりましてビルゲイツがお送りします。
 エクセルVBAならセガールにだって勝てる

9 :以下、名無しにかわりましてビルゲイツがお送りします。
 >8
 いや、セガールが負けるわけないだろ!

10:以下、名無しにかわりましてビルゲイツがお送りします。
 うちの現場にセガールがいれば、きっと0.5人日で他社が作ったモジュールを
 全部クラスに修正してくれるにちがいない。

11:以下、名無しにかわりましてビルゲイツがお送りします。
 セガールすげえwww

12:以下、名無しにかわりましてビルゲイツがお送りします。
 よって、やはりセガールは最強である

 
…そ、そんなオチぃーっ???!!!

ドラえもんがなんとかしてくれた!

光市母子殺害事件

いやあ、これほどまでに日本中から
「死ねばいいのに」
と思われた被告もめずらしいよねー。

それはともかく。あの本村さんってヒトは、ずいぶんましな顔になったよねー。

このヒトの顔を最初見たときは、仰天したもんなあ。あきらかにキ○○○(自粛で伏字)の顔してたもん。つーか誰でも、自分でも、こんな事件に巻き込まれたらゼッタイおかしくなっちゃうとは思うけどもね。

それが…

■当記事:ドラえもんがなんとかしてくれた!→の全文を読む

戦いは数だよ!!

♪恐怖心~ 恐怖心~(意味なし)
こんにちはたらみユーイチです!!

 
以前「第2次世界大戦最強の男」という記事を書いたときに、アルファルファモザイクで見つけた話。ソースは不明なんだけど、

「どの国でも極少数のエースが多数の敵を撃破しているらしい。
アメリカだと1%の兵士が40%の航空機を撃墜している。」

とのこと。

それと、
「分裂勘違い君劇場」で紹介されていたが、ビルゲイツの発言として
「優秀なソフトウェアエンジニアの生産性は、普通のソフトウェアエンジニアの100倍以上だ」
ってのがあるらしい。

後者の方は、SEの現場で働く私には、納得のいく発言です。

■当記事:戦いは数だよ!!→の全文を読む

いいわけ(開き直り)

♪羞恥心~ 羞恥心~
ってフレーズが耳に焼き付いて離れないんだからしょうがないじゃないか!!

マクガイバーと呼ぶべきだろう。

2010年、マッチョ主義によって日本社会のとてつもない大改革が始まり、人々の生活が根底から変わりはじめた - 分裂勘違い君劇場

この「分裂勘違い君劇場」でしばしば使われる「マッチョ」ということばに違和感があります。
いやもちろん、その違和感も計算に入れてあえて使ってるんだとは思うけど。

私なんか、マッチョと聞いたら反射的に「中山きんにくん」を連想しちゃうからさあ(苦笑)。ピンチに陥っても慌てず騒がず、クールな解決手段で成果をあげるという、「分裂勘違い君劇場」が示したいそんな人物像から、一番遠いじゃないですか、中山きんにくんは。

「なんも考えてない筋肉バカ」というネガティブ・イメージもあるのでやはり「マッチョ」ということばはクリティカルではない気がします。

むしろ、マクガイバーと呼ぶべきでしょう。

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

キミは「冒険野郎マクガイバー」を知っているか!!


■当記事:マクガイバーと呼ぶべきだろう。→の全文を読む

花粉症の季節です

「緑茶で目を洗う」という最強の民間療法

第2次世界大戦最強の男とは?

ここまでの日記で、
「幕末最強の男は勝海舟のお父さんで、現代最強の男は、セガールと室伏である」
ということが判明しました(笑)。

では、第2次世界大戦最強の男とは?というと、こりゃあもう、
「ルーデル大佐」
をおいて、他にはないわけですよ。

それなんてラノベ?:アルファルファモザイク
http://alfalfa.livedoor.biz/archives/51171812.html
死にたい赤軍将兵にお薦め:アルファルファモザイク
http://alfalfa.livedoor.biz/archives/51026033.html

戦績
・出撃回数2530回
・戦車519台破壊
・装甲車・トラック800台以上破壊
・火砲(100mm口径以上)150門以上破壊
・戦艦1隻撃沈
・巡洋艦1隻撃沈
・駆逐艦1隻撃沈
・上陸用舟艇70隻以上撃沈
・戦闘機2機撃墜
・爆撃機5機撃墜
・その他航空機2機撃墜
(被撃墜回数30回)
(戦闘による負傷5回)

…どんな化け物だ(苦笑)。連邦のモビルスーツの比じゃない化け物です。
 

・マラートが旧型で装甲も大した事無かったというのもあるが、(中略)無論、一番の要素は敵陣を交い潜って、同じ戦艦に2回爆弾落として命中させるこのアホ(褒め言葉)の腕前だが。

・撃墜されて、歩いて基地に戻って最初の一言「換えの機体はあるか?」

・ルーデルが単独でソ連軍に与えた損害は10個師団相当

・全赤軍将兵の3/100がルーデル被撃破経験者

・(負傷して片足をなくして)で、入院中病院で珍しく泣いたらしい。
見舞いに来た同僚達は「右足がなくなった事」に対してやはり泣いているんだろうと思っていたら、本人は
「足はまだ一本残っているからどうでも良い。
ソ連の戦車がしばらく撃破出来ないのが悔しい」
という事だった。
「しばらく」、とか言ってる辺り、本人はこの時点でもう既に前線復帰する気マンマンだった様である。

・彼は負傷した際、病院から抜け出してこっそり出撃し戦列に紛れていた為、さらに戦果は多かったものと思われる。何せ「誰が破壊したのかわからない戦車」が多すぎた為、病院を抜け出していることが発覚したくらいなのだから。

 
しかしなにより凄いのは、ここまで凄まじい戦いっぷりでかつ、無事生き延びて戦後、悠悠自適の生活を送ったってことですな。

現代最強の男は?

私の前日の日記により、「幕末最強の男は、勝海舟のお父さん」ということが明らかになったわけだがwww

では、現代最強の男は?

そりゃあもう、「セガールか室伏」に決まってる。

【これでいいのか】セガールが最強過ぎる件について【立ち向かえ】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/659/1173441820/l50

ハイエナログ 室伏の経歴見て愕然とした((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
http://blog.livedoor.jp/pasoku_matome/archives/51087205.html


「ではセイウチが一番強いのか? 否、セガールはキバの攻撃を2本の腕でがっしとうけとめ、そのままへし折る!
よって、氷上ではセガールが最強である」

世の中には、強い男がいるものだぜ…。
室伏の方は、ブログのコメントまで読んでたら腹筋のひくひくが止まらなくなりました…(笑)。

幕末最強の男「勝海舟のお父さん」。

なーんか時代劇やってんなあ、と思ったら、ああ、「剣客商売」かあ。

「こーゆー、親子ものの時代劇といったら、昔、あれが好きだったなあ。
勝海舟のお父さんが大暴れするやつ」
「なんの冗談だよ!!」


冗談だと思うでしょう。

歴史にあまり詳しくない人が聞いたら冗談かと思うでしょうが、実は幕末オタにとっては「勝海舟のお父さん・勝小吉」は隠れた有名人なんです。

って、まあ実は「竜馬が行く」で紹介されてたから知っている、という人が大半だと思うけど。私もその手合いですが。

この人が、後世の人に残した人生訓があって、まあ「親を大切に」みたいな、当時の人が一般的に書きそうなありきたりな話に交じって、
「友だちには信義をもって交わり…」
と、当時の人にしてはかなり珍しいことを言っている。

どうも、旗本のお侍さんにもかかわらず、町民や貧民とわけへだてなく付き合う、かなり型破りな人物だったらしく。それが、勝海舟というキャラクターにも少なからず影響を与えているらしい。

そんな人物を主人公に娯楽時代劇を書いたらゼッタイおもしろいぜ!という作品が子母沢寛の「父子鷹」。で、それが1994年にテレビドラマ化されたんです。

視聴率的にはふるわなかったらしいけど。でもこれめちゃくちゃ面白かったぞ。私的には、剣客商売より面白いと思う。

父子鷹 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%88%B6%E5%AD%90%E9%B7%B9


追記・Wikipediaより:
1.
幕末の剣聖といわれた男谷精一郎は小吉の甥に当たる。幕末の江戸において力の斎藤・位の桃井・技の千葉と称された三代道場をもってしても歯が立たないといわれた達人精一郎を、小吉は片手で捻ったという。新門辰五郎曰く、「喧嘩で右に出る者なし」。ある意味、幕末最強の男と言える。

2.
(自伝である)『夢酔独言』は子孫に自分のようにはなるなと伝える目的で記したもので、

「けして俺のまねをするな」

と書いている。

アンダーグラウンド・ミュージック

以前からの疑問
「なぜ、ミュージシャンはライブ予定をミクシィのプロフに書きますか?」。

これ、さいっこーに意味ない行為だと思うんスよねー。だって、プロフというのは、基本的にはその人のことを知らない人が最初に見るポイントだと思うんですよ。

どっから飛んでくるのか、あるいは日記記事にポーンと飛んでくるのかも知れんけど、そのあとに
「こーゆー記事を書いてるこの人は、一体どーゆー人なんだろう?」
と思って、プロフを見る。あるいは単純に友人になれそうな人を探してランダムにプロフを見てるのだろうか。

とにかく、そーやってその人のことをほぼ何にも知らん状態で
「今度の日曜日、ライブやります!ひまな人は見に来てね~」
っての見ても…百パーセント行かねえだろ、と思うんですねー。

(あ、そのミュージシャンがすっごい美人の女性ミュージシャンなら別。視覚刺激に弱い男性諸氏は「こんな美人をリアルで見れるのか!」つーてライブに行く可能性大)

そーじゃなくて
「あー、なんだか面白そうな人だなー。日記にコメントでもするかあ」
と思って、そしたらコメントでも温かい対応をしてくれて、あー、いい人だなあ。よし、またちょくちょく訪問しよう。で、また来ました。あれ?日記にライブの話、へー、この人ライブとかもやるんだねー。面白そう!どこでやってんの?

これが、より正確なストーリーでしょう。つまり、訪問者が興味をもってくれそうなプロフがあり、面白い日記があり、それを楽しみにやってくる人がいて…その上で、ライブやります!へえ、この人のライブだったら見に行きたいなあ。ってことなら話はつながる。だから日記にライブ告知は当然あってしかるべきではある…。

なんで、プロフに書くか?

たとえばミュージシャン向けSNSならわかるんだな。マイスペースのプロフにはライブ告知のスペースがあったりして、固定的なフォーマットで
「ライブの宣伝しろ」
ってなっているので、訪問者も逆に面白そうなミュージシャンのライブ告知をあさくってる人がたくさんいるんじゃないかって推測される…でもミクシィはどうよ?

「近くでライブやってる面白いミュージシャンはいないか?!」つーてミクシィのプロフをあさくってる人がいたら、どんな変態だよって思うよ(大爆笑)。
 

実は私、日記のライブ告知すら疑問なんだな。訪問者はそれを求めているのか?

っていうとそれは「訪問者による」。はじめから、ミュージシャンが自分のファンがネット上に集う場所として、ミクシィはじめました。って運用をしてれば、訪問者達は、まちがいなくライブ情報を求めているんだ。だから、当然日記にライブ告知を書くんだ(そのパターンであっても、やっぱりプロフにライブ情報を書く意義はあまり見出せない)。

でも、純粋にはじめはミクシィでそのミュージシャンを知りましたよ。って人の場合、必ずしもその人の音楽に興味がある人ばっかりじゃないんだ。「その人」にだけ興味がある人、ってのも訪問者として想定されるんだ。

そんな人にとっては、ライブ告知をいきなり日記にポン、と載せても「だから何?」なんだ。

そーではなく、今度ライブやるんだけどこーゆー仕掛けを考えてて、ところが仕事で大問題勃発!さあ、仕掛けの準備は間に合うのか?とか、つまり読み物として面白い「ライブ裏話」が書かれてあって、それが凄い面白ければ、初めてライブ見に行ってみたい!になると思うんだ。

いきなり
「4月13日 ○○ライブハウス 17:30開演 熱いロックやってます 興味のある方は 一緒に熱くなりましょう」
体が寒くなって寒くなって仕方がないんだ。

いや、むしろよく目にするパターンはこうだ!煽り文句すらなしに
「近所の人は見に来てください」。
近所だからなんだって言うんだ(大爆笑)。

「キミ、家、近所なんだね!セフレとしてあと腐れなく一度会いませんか?」
っていってるのと発想が大差ないじゃないか。

…ええと、なんかとりとめがなくってきましたが、この文章の結論としてはこうです。
「ミュージシャンの宣伝媒体としては、ミクシィは実は効率が悪い。マイスペースの方がいいんじゃないかって思いますよ。どうでしょ?」。

おわる。

アホみたいなホントの話。

今所属してるプロジェクトには
「パティシエからプログラマに転身」
って奴がいます(大爆笑)。

ななななんでパティシエから?と思って聞いてみたら
「いや…前から、パソコンとかあつかうの、好きだったし…」




…。

みなさーん。こんなレベルでプログラマになれちゃうくらい、IT業界は今、人が足りないんでーす!!アホみたいだけどホントの話。
人生変えたい人はぜひ。多分、ここ一、二年くらいしかないであろうチャンスの時期です。
つかむ勇気があるかないかは本人の問題。


カテゴリー
ブログ内検索
リンク

RSSフィード
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する