スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【沖縄戦・集団自決・偏向報道】問題は単純じゃないんだ。

教科書検定に島ぐるみ異議、沖縄11万6000人撤回要求

【沖縄戦】「ウソをつき通してきたが…」 "日本軍の命令で自決"、実は創作  渡嘉敷島集団自決で、初証言

大体やね、ものごとを、右か、左かで分けるしか脳が無いなんてバカバカしいやん。ということを「ネット右翼」という言葉に対して思うのだが。

私は、右ですか?左ですか?と聞かれたら、迷うことなく

■当記事:【沖縄戦・集団自決・偏向報道】問題は単純じゃないんだ。→の全文を読む

スポンサーサイト

この件についてどう思われますか。

「ワンコインカレー」が一瞬「ウンコ イン カレー」に見えてしまった件について。
 
答えは…聞いてないッ!!

WEBで幸せになる

毎月、個人的な目標というのを設定してまして、9月度(10/8まで)の目標のひとつに
「ネット上での活動目標を明確にする」
というのがあります。

今は、とりあえずこのブログをやってて、あと時々音源を発表。くらいで、これといって明確なWEB上での目標というものがない。無目的。

なのでこれを明確にしようというのですが、最近なんとなく思っていることは
「WEBで幸せになりたい」
ということ。

WEBで幸せになる。それはいったいどういうことだ?!といわれると、それは結局「何が幸せなのか?」という問いになってしまいます。

思う存分遊べれば幸せか?家族や親しい人から、思い切りちやほやされれば幸せか?お金があれば幸せか?有名人になったら幸せか?

なぜこんなことを考えるかというと、今、私は幸せを感じないから。

こんなことならいつでも死にたい。なのに、こんな状態で死ぬのなんていやだ。

なぜなんだろう?なぜ、今の私は幸せではないんだろう?それは結局日常生活の様々な場面で、たくさんの不快な思いを感じるからで、じゃあ不快な思いが減れば幸せになるのかというとそれはわからんけど、でも不快な思いが幸福感のじゃまになるのはまあ、現実かなあと。

どうしたら、不快な思いを減らせるのか。その答えは、もしかしたらWEBにあるのかもしれない。少なくとも、新聞やテレビなど、中央集権型の旧型メディアでは、その情報は見つからないと直感します。

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

話を整理します。

「不快な思い」には、いろいろな原因が考えられますよね。私個人のみに起因するもの(例えば「性格変えればいいじゃん」的な)はまあ、自分で努力して改善すりゃあいいわけで。

でも、人間が感じる「不快な思い」には、社会情勢に起因するものもある。

今の社会には、様々なかたちで、人を不快にさせる状況が満ちている。そういったものの状況をリストアップし、原因を追究すれば私自身の不快感も、昨今の若者たちがかかえる不快感も、減らしていくことができるのではないかなあと。

そういった原因追求、問題解決法の提示が、果たして古館一郎の渋面コメントばっか見ていてなされるのかというと、絶対そんなわけない。中央集権メディアは、結局ハンパなサヨク的コメントでアホおやじに視聴率取れればそれでよしなわけで、絶対に我々が望む答えなんて、与えてはくれないですよ。

じゃあ、自分で追求しようか、って話です。自分で追求するには、やはりWEBがキーポイントになろうかということです。

自分が不快に思う事柄を、WEB上で追求していけば、その先にあるいは、自分が求める「幸せ」が、ちょっとでも見えてくるのではないかなあ、という思いなんです。

というか、みなさんも、そうではないですか?

台北のおいしいお店。

今回の台湾旅行…正直「食」の面では、少々期待はずれな部分も。

■当記事:台北のおいしいお店。→の全文を読む

台湾の夜市。

台湾の夜市は、規模もにぎわいも凄い。
「街全体がドンキホーテの店内」みたいな感じ。
すっごいカオス。





ビビアンおすすめ!!

ビビアンおすすめのお茶です。
ビビアン・スー
 

ビビアン、早く健康をとりもどして欲しいですね。
 


この人物のオモテとウラ ビビアン・スー(タレント)


「顔面まひ」を認めたビビアン・スー、薬で治療

日本で大ブーム!

台湾でも大ブームなるか。
アクエリアス


こちらはポカリスエット。
ポカリスエット

台湾旅行の準備(2)

明日からいよいよ台湾旅行です。社員旅行ってのが味気ないですが(苦笑)。

ところで、海外旅行の準備というと前回書いた以外にも、ちょっと注意点があるようです。

それは、歯磨き粉とかシャンプーみたいな、身支度用品。実は今、飛行機への液体持ち込み制限が厳しくなっていて、すべて100ml以下の容器に入れて、透明袋に収めなければなりません。

この点は、海外旅行に行くときの注意点ですねー。あとは、最近カメラといえばデジタルカメラが多いですから、余分にバッテリーを持っていくとかですか。

台湾旅行の準備(1)

台湾はビザ要らないし、税関とかで必要な書類(といっても紙切れ一、二枚程度)も旅行会社の人が取ってくれるし。航空券とかも旅行会社の人におまかせ~。

とにかく、パスポートとお金さえしっかりもっていれば。あとは、着替え程度でOKですか。それも2泊3日なんで最低限で。

あとは、使いやすそうなガイドブックはちゃんと持っておきたいですね。いくらパック旅行でおまかせ観光だからって、自由時間も少々はあるし、なにか事件に巻き込まれでもして自力で脱出しなければならないとしたら、現地の事情や簡単な会話語とかわかんないとね(ちなみに、台湾に日本大使館はありまへん)。

誕生日。

37歳になりました。
「あれっ?!今年は普通じゃん!!」

2004年の誕生日日記

ぷよぷよ。

台湾旅行に行くことになりました。

「台湾に行ったら、物売りの人が、日本人と見たらわー、と寄ってくるから気をつけて」
「はあ」
「そういうときは、”ぷよ、ぷよ”って言うんだぞ」
「へっ?」
”不要”っていう意味」

ほー。

ヘンな評論家。

「”裸の大将”、よかったんだけど、ちょいいまいち感が…」
「塚地は、がんばってたけどね」
「そうそう。あと、俺としてはこれは絶対いっとかなきゃいけない。
水川あさみが凄くイイ!!
「…そうか!そうだったな!そういえばお前って、
”水川あさみ評論家”
だったよな!」
「そうそう。テレビを見ながら”これはいい水川あさみ”とかいうのが仕事」
「本業で食っていけないから、副業のシステムエンジニアで食ってるんだったよな」
「世の中、そんなもんだ」
「どんなもんだ??!!」

こーゆー言い方をするなら、世のオタクのほとんどは「本業で食っていけないから副業で食っている人」になってしまう(苦笑)。

水川あさみ -Wikipedia-
カテゴリー
ブログ内検索
リンク

RSSフィード
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。