スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうせなら大きく出よう。

今、家にトラックで送られてきた何千個ものチョコを必死に食べています。
スポンサーサイト

たぬき・むじな事件。

最近はまっているのが、ウィキペディアの「おまかせ表示」。

クリックするたびに、ランダムに記事が表示されるんですが、普段絶対興味をもたないような、意外な知識をいろいろ得られて面白いです。

たとえば、今日見つけた記事がコレ。

たぬき・むじな事件 - Wikipedia

表示された瞬間、なんじゃこりゃ?と思ったけど、どうも法律関係者には有名な事件らしい。「日本の刑法第38条での「事実の錯誤」に関する判例として現在でもよく引用される。」とのこと。

「またこれをタヌキだとしても、タヌキの占有のために実際の行動を開始した2月29日の段階において被告人による先占が成立しており、同日をもって捕獲日と認定する(つまり狩猟法がタヌキを捕獲を認めている期限内の行為)のが適切であるとして被告人を無罪とした。」

「タヌキの占有」という言葉の響きが好きだ。
 

インプロビゼーション(即興演奏)

目の前のことを確実にクリアしていかなければ、将来だってないんだ。

「先のことなんか考えない」
という生き方をしなければ、厳しい現実を突破出来ない。

今、目先のことをとことんクリアしなきゃならないんだ、先のことなんか考えてるヒマはないんだよ。

…っていう話が、通じる人と通じない人がいるんだよねー。

例えば、私の父親。

「ばっかもーん!目先のことばかり考えてどうするのだ!将来のことを考えろ!」
などと説教されるたび、うんざりします。

…あのですね。今をがんばって今現在の実績を着実に上げないと、将来もないんですが?

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

こんなことばかりやって、将来なんの役に立つってんだよ?と思うようなことでも、一生懸命やっているとあとで、意外なかたちで役にたつことがよくある。

その逆に、将来のことを考え先の人生をとことん計算して色んな手を打っていても、ほんの一年二年で急激に社会情勢が変化して、まったく役に立たなくなる、なんてこともよくある。

…結局、高度経済成長期というある意味将来が固定的に見渡しやすかった時代を生きてきた人と、将来のことがなにもかもあやふやで一年先はどうなるかさっぱりわからない、という時代を生きている人間とでは「将来」という概念の捕らえ方がちがうのか、という気がする。

結局今の時代って、即興演奏のように人生を生きるしかないんだ。

「空気を読め」って言葉はキライなんだけど。でもまさに、そういう生き方が求められている。その場その場で、求められているメロディ、ハーモニーをすばやく読んで、全力でカウンター・メロディを弾きまくる。

たまたま、アドリブがツボにはまり、周囲のプレーヤーにウケれば、自分が中心になってメロディをつくっていけるかもしれない。たとえそれが出来なくても、演奏に参加し続けることだけでも高度な集中が要求される状況で、いいハーモニーを演奏できるだけでもエラいことじゃないか。

…そんな演奏会の只中で、先のことばかり考えて目の前の演奏に集中できないなんて不遜だし、そもそも演奏から脱落してしまうだろう。

いやまあ、たしかにインプロビゼーションには先読みの能力も重要なんだけど、そもそも「先のことを考える」ということと「先読みの能力」とは似て非なるものなんだよねー。

なんとなくだけど、先のことをあれこれ考えて思い悩んだりしないタイプの人間の方がむしろ、先読みの能力が高いような気がする。未来の出来事に対して固定観念をがしっと持ってしまうと、未来の出来事を柔軟かつ的確に見る能力が低下するってことだと思うんだよね。
 

はなくそ時評。(「産む機械発言」について)

(ムダな公共事業とかでカネを垂れ流しているお役人たちが、声をそろえて)
お前たち庶民は 税収を産む機械だー




お前たち国家の奴隷は、文句を言わずに馬車馬のようにガキと税金を産んで産んで産みまくれー




「ひでー」
「でも、これがエライ人たちの本音なんでしょ」
「あの大臣の発言を聞いたら、そう考える方が自然だよなー」

男性・女性に関わらず、内心国民を機械扱いしている政治家は多いはず。と妄想すれば、男性であってもあの発言にはホンキの怒りがわくはず。

一日だけひきこもり。

今日は体調不良で会社を休んでまーす。
ま、今時の季節、体調不良で休むのが流行りなもので。会社でも大流行の今、ミーハーなボクはやっぱり流行りに乗っかりますですよ。

さて、そんなわけで午前中に再放送してた「冬のソナタ」を久々に見ました。キム次長!キム次長!

いやー、やっぱりいいわ、キム次長。見てるとなんだか癒されるなー、キム次長。これもねえ、吹き替えがうまいんだよね。吹き替えで、なんともいえないキャラになってんだわ。

そんなわけで、こなーゆきー♪舞い散る福岡市で、今日はひたすら家でのんびりです。
カテゴリー
ブログ内検索
リンク

RSSフィード
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。