スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死を前にして戦々恐々のオレ。

ふう、これでもう少しだけ生きられる。
こんにちわたらみユーイチです。
 

胃カメラ飲んできました。

ここ一月ほど、ずっと胃に鈍痛があってですね。胃腸薬飲んでも直らないので、不安になって診てもらいました。

結果から言うと、腫瘍や潰瘍などはありませんでした。

ただ胃壁が荒れところどころ出血のあとなどもあるため、ストレス性の胃炎だろうと。薬で治るので心配はいらないとのことでした。

ただ。
 

35歳になって思うのは、もし人生70年と考えると、ここはちょうど折り返し地点であって、ここから先はどんどん体が弱っていって、今まで生きてきた時間と同じくらいの時がたてば、多分死ぬ。ってことですね。

あー、そんなね、達観した人間になんて、なれるもんかい。死ぬのは、イヤですがな。

いやだ。いやだ。死にたくない。永遠の命が欲しい。

そういう、いやーな感じを、今回の件で、ひしひしと感じましてねえ。

「ガンかもしれない」そう考えるたびに。たとえ今回はガンじゃなかったとしても、いずれは、ガンになるときがくるに違いない。そうなったとき、自分はどうするか。そんなことばかり考えて、陰鬱な気持ちでもんもんとしていました。
 

もしガンになったら、どうするか。

体の自由が利くうちに、まず、周囲の女性たちに片っ端から、
なごりの一発
を申し込む。

どうせ死ぬんだっ、妻に殺されようと、知ったことか。周囲に、このエロおやじが、と蔑まれようが、知ったことか。だって、死ぬんだぜ?これから死ぬ以上、そんなことはどうでもいい。

一方、妻に対しては。

バブルのころ、散々うまいもんを食い散らかしてきた妻のグルメ知識をフル活用させて、目ん玉が飛び出るほど高い店を教えてもらい、食い倒れの旅に出る。

そして、エッセイを書いて出版する。当然、自分自身の死を題材にした、ウルトラお涙ちょうだいものだ。ここで書いてるような本音など、一切書かねえ(笑)。

もしも余命が長めで、オレが生きてる間にそれがドラマ化されたら、原作者として登場し、カメラに向かってピースサインしまくりだ。

あ、当然、主題歌でCDデビューな。最高に泣けるバラードを書いて、歌いまくってやる。

死ぬんだもん!!これぐらいやって、いいわな。いいだろうよ。いいんだ。
 

キャバクラ遊びにも、精を出すぞ!!
 

そんな感じで、もしガンになったら、そうやってやりたいこととことんやりまくってから死んでやる。そう思って戦々恐々としているのである。

 
 

…それ、戦々恐々っていうのか?うーん、なんか、話がおかしい。
スポンサーサイト

「日記ページやめたい」の波。

あいかわらずウツです。こんにちわたらみユーイチです。
 

日記ページ、やめた~い!!
「また、はじまったか。」
いや、今回の「やめた~いの波」は、かなりの大波ですよ。
 

◆「ブログで自滅する人々」
最近興味があるのが、2ちゃんの「祭り」の対象者となった人々について。

ブログで自滅する人々」というコンテンツを見て、いわゆる

(((;゜д゜))ガクガクブルブル

の状態です(笑)。
 

こわいなあ。いや、ここで上げられてるケースはもちろん、祭られた側に問題があるケースばかり。でも物事には「誤解」と「勢い」ってやつがあるからね。

ひょんなことがきっかけで、なにげなく書いた記事で一気につるし上げられ、プライバシーを暴かれまくって、社会的に終わってしまうかもしれん。というのは、かなりオソロシイ想像ですねえ。

これはもう、日記ページやってる以上は確率まったくゼロとは言えない危険性ですやねえ。ことに、おいらのような「ズレた感性」の持ち主にとっては。

自分にとって普通のことでも、他人に仰天されることがよくあるし。ああ、もう、日記ページやめたいなあ。

やめれば。リスクはゼロだ。
 

◆家族を守る義務がある
てゆうか、自分一人ならいい。ゆえあって十代のころ、見ず知らずの人々にプライバシーをあさくりまわされた経験があるので、多少は慣れてる。祭られてる!!と気づいた時点できちんと謝罪して、許してもらえるように全力で対応すれば、…まあ、最小限の被害であれば、ガマンは出来なくもない。

しかし、今は家族がいるわけですからね。妻は、そういう部分ではフツーの人だから、多分耐えられないと思う。
 

十代のころとちがって、おいらには責任がある。そうそう、リスクばかりはとれないっすよ。 
 

◆日記ページに求めているもの
話は変わりますが、
「WEB上での葬式が出来ないのは、やだなあ」
って気持ちが昔からある。

今ね、ネット友とリアル友が、きっちり別れてるような状況なんですよ。

この状況には多少問題があってね。もし、おれがこの記事を書いたあと、急に死んでしまったら。

多分、ネット友の方は、だれもおいらが死んだことに気がつかない。

「あれえ?最近ぜんぜん更新がないなあ。ネット、やめたのかなぁ?」
とか思ってたら、10年くらいして、実は死んでいたことがわかって…って、こんなことになりかねない。これはイヤだ。
 

なのでホントは、ネット友もリアル友も両方見る日記をやりたい、という気持ちは強くあるんです!!だけどそこはホレ、前述のようなネットの危険性を考えるとさあ、ちょっと踏み込みづらいものがあるんだよねー。



◆「つまらない日記」をやろうか。
なんてことを考えてるうちにたどり着いたのが
元祖しゃちょう日記」の記事
炎上せずに実名ブログをやる3つの方法」。
 

これはちょっと、目からうろこでした。そっかあ、そーゆー日記ページでもいいんだなぁー。と思って。

炎上することを書かない日記、ってのも、逆の意味で面白いなと思って。例に挙げられた

渋谷ではたらく社長のblog
10/05 無難なジョーク

てのに、死ぬほど笑いのツボを押されてさあ。

それのどこが面白いのか、というと、直感的にああ、面白いかなあ。と思ってくれる人じゃないと、説明しても多分わからないんだよねー。
 

◆「まんじゅうこわい」
その昔、まんじゅうこわい、って話を考えてさ。

ワタシは、まんじゅうを食べた。そのまんじゅうには毒が入っていて。食べたワタシは、あの世行き。
やっぱり、まんじゅうはこわいなあ!!
 

って言う…(汗)。ご存知のとおり、もともとの「まんじゅうこわい」は、かなりひねくったおはなしでして。それを、恐ろしいほどにそのまんま過ぎる作品に変換しちゃいましたよ、ということ自体がオチ、って言う…ああ、説明するとむなしい…(涙)。
 

でね。これを友人のEくんに話して聞かせたら。すっごい無表情に、
「たらみさーん、それ、どこがおもしろいんスか?」
と言われてしまった。

しかし、もう一人に聞かせたら、バカウケ。もうちょっとで、笑い殺せると思ったんだけどなあ…なんてね。
 

◆んで、やっぱりズレた結論に。
だからさ、
「日記ページとは、何かオモシロイことを書く場所だ」
と思い込んでるニンゲンが、あえて逆に、とことんツマラナイ日記を書くということは、その行為自体がギャグにならんかなあ…なんて考えたりもしてるわけ。

たとえば、こんな感じ。
 

11月16日
ひさしぶりに鳥ZEN亭でランチ。やはりおいしい。最近は鳥インフルエンザに関する報道をよく目にするが、鳥大好き人間としては困ったものである。今日は、ごはんのおかわりにもチャレンジ。

社に戻ると、クライアントからの緊急コールが!!ネットワークに異常が生じたとのコトであわてて飛んでいく。しかし行ってみたら、ただ線が外れていただけだった。ううむ。「まず線を疑え」というのは、ネットワーク技術者にとっての金言である、とあらためて痛感する。

明日も、鳥ZEN亭に行くつもり。今からうずうずしています。
 

わはははははは。
…ああ、おもしれえ!!これ書いてる時点で、おかしくって一人で腹をかかえてゲラゲラ笑ってるんですけど!ねえ、面白くないですか、おもしろくないですかっ?!

…ああ、やっぱり伝わらないかあ…(泣)。
 
 
 
 
そんなわけで、そのうち「極端につまらない日記」を実名でやるつもり。よろしくです。

近状報告!!

最近のおいらの近況なんぞを。
 

◆ご冥福をお祈りいたします。

なによりショックだったのは、なんといっても本田美奈子の死。

彼女が白血病になったことを知って、真っ先に頭に浮かんだのが、5年前のショッキングな出来事。会社の同僚の女の子が白血病で急死したのだ。

まさか、彼女も同じように…と思ったが、そんなことはない、ゼッタイ回復してまた、あのパワフルな歌声を聴かせてくれる…と信じてきた。なのに…。

やっぱり、改名が悪かったんじゃないだろうか。「もう一画増やせば、飛躍的に伸びる」といわれて、名前の最後に、ドットをつけた。でもドットは、ひとの名前じゃないからなあー。ひとならざるものが付いてしまったのでは…というのは、うがちすぎだろうか。

残念です。なんか、この出来事に引きずられて微妙に元気をなくしてます…。
 

◆地道に筋力トレーニング。

最近、他所のネタ投稿ページにちょくちょく投稿しています。

久しぶりなんでなかなかカンがつかめなくて。投稿失敗して常連さんにご迷惑をおかけすることもしばしばなんですが…(汗)。

うちのブログは、今年いっぱい休止ということにしています。が、その間なにもしないと、笑いの筋肉がなまってしまう。

もうしわけないが、筋トレをさせてもらってるような感じです。カンをとりもどすまでは少々、がんばって稽古をさせてもらおうと思ってます。よろしくです。
 

◆いきなりですが政治問題。

「靖国参拝、なぜ悪いんだ!!」
などと一部の勢力が声を荒げています。

いえ、悪くないっすよ?

総理が靖国に参拝しても、ゼーンゼン問題なし!!

ただ
「問題にしちゃった人々がいる」
という歴史的事実は、現実として認識するべきではないでしょうか。

戦後しばらくは、ふつーに参拝してたわけですよね?それを誰かが、
「私は参拝しない!!」
とか言い出したからややこしくなっちゃった。

そこに中国やらが目をつけて、さっそく非難の材料につかった。だから問題になった。それだけのことかなと。

中国や韓国を非難するより、まず日本外交のあまりのヘタクソさをこそ正すべきではないかなあ、と…。
 

おいらの中での外交の定義とは
「腹の中ではコノヤローと思いながら、ニコニコ笑顔で握手すること」
だと思ってます。日本人は人が良すぎるよ。

まじめに腹立ててもしょうがないじゃん。国民性がそもそもちがうんだから。

怒りの声を上げるより、ニコニコ笑顔で交渉して得られる利益はいただく。これくらいちゃっかりしたトコがないと、外交上手な国とは呼ばれませんよねー。

「相手からの理不尽な非難」というやつは、使い方によってはこっちのプラス材料に利用できるはず。ただし、それにはこっちの非をつつかれないように状況をコントロールすることが前提。

今の日本政府はむしろ、靖国をタネに状況をコントロールされているように見える。これが、おいらには面白くない。

「靖国参拝、是か非か?!」
ということも大事かもしれないが、それにもまして、
「外交戦略上、相手をどうコントロールしていくか」
という観点から靖国問題を考えた方が、国家の動き方としては現実的ではないかと。

…現実的すぎて興ざめですか?でも、政治とか外交って、本来つまらないものだと思うんですが。最近の政治は、エンターテインメントしすぎて危険だ、という気がしてなりません。
 

◆陰鬱な11月。

本田美奈子さんのことや、仕事のこと家庭のこと。いろいろヤなことばっかで、陰鬱な気分になってます。

でもまあ、実は例年、11月って陰鬱になるんですよ、フランシーヌの場合。いやちがったおいらの場合。

冷たい風は吹き始める、木は枯れてゆく…。どっか、町に閑散とした空気がただよう…。

いやだなあ。
 

でもこれが、12月になると自然と直っていくんですね。12月になるとあっというまに夜になって、夜になると町には、はなやかなイルミネーションが満ちてゆく。それを見てると、自然と気持ちが浮き立ってくるんですねー。単純ちゃあ単純。

だから、来月になればこの陰鬱な気分も、次第に解消されてくるはず。そう信じて、今を我慢するしかないっすねー。
カテゴリー
ブログ内検索
リンク

RSSフィード
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。