CGIページにおける「SEO」

いやホント、冗談抜きで体だけは心配だから、頼むから病院にいってくれ。お父さんは心配してます(また全然別のヒトに私信)。
こんにちわたらみユーイチです!!


編み物、かぁ…。
たしかに笑うけど、そこはホレ、気が遠くなるほどサイケ?な模様とか、頭が痛くなるくらい血ぃドロドロ?で残酷な、スプラッタ?♪な絵柄を編んでもらったりすると、クリスマスプレゼントにも最適な、とぉーってもキュートなプレゼントになるなって気がするぞ。血のクリスマスっh01.gif

…って、いつまで私信書く気だおいらは(笑)。


えー、11月24日で、6000アクセスをいただきました!!ありがとうございます。

このサイトのおやくそく→1000アクセスごとに、「ホームページ作成に関する雑感。」テーマ(隠れたテーマ→SEO - Search Engine Optimization→検索エンジン最適化 -)で書く。


5000アクセスの時には「ブログの弱点」についてあれこれ書きましたが。

今のワタクシはですねー、また新ホームページつくりたーい!!なんて思ってるんですよね。

そんでね、そんでねっ。やっぱり、どーせつくるなら、今自分に見えてる「ブログの弱点」を、克服するようなものを作りたいなと。

5000アクセスの時に、思いつくまま羅列した、ブログの弱点ですが、

  • 携帯対応が不十分。
  • 古いブラウザに対するケアがなされていない。
  • 階層化されたメニューがない。
  • 検索機能もない。


こんなところでした。となると逆算で、

「携帯対応で、古いブラウザでも見れて、階層化メニューと検索機能で過去ログを楽々閲覧」

ってなホムペをつくりたい!!という話になる。


つーとさ、どーしてもフルCGIでホムペを作らなきゃ!!って話になる。わけですよー。

さてお立会い。「CGIページはグーグルに載らないのでは?」と思うヒト、どれぐらいいらっしゃいます?

結構、そう考えてるホムペデザイナーさんも多いんですが、正解は
「載るCGIもあるし、載らないCGIもある」です。

グーグルは、専門的に言うと「動的なページ」というのを嫌う。なので、CGIのページのURLに、「?」という文字が使ってあるページは、
「パラメータにより内容が変動するページ→動的なページ」と判断され、グーグルロボに、嫌われてしまう。

えー、つまりですね。ログを、何の処理もせずにどーん、と表示させるだけみたいな単純なCGIなら、グーグルに確実に載るんですよ。

たとえばね、10ページのCGIページを表示させるとして、普通は、ひとつのCGIプログラムに例として「?page=5」みたいなパラメータを与えて、それぞれのページを表示させるわけですが、そーゆーCGIページは、グーグルに載らない。

そうではなく、10ページのCGIページを表示させるのに、そのまんま10個のCGIプログラムを作ってしまう。そーすっと、その10ページ、全部がグーグルに載る!!わけですよ。

もちろん、そんな面倒な作業をいちいちやっていたのでは、大変です。だからあくまでメンテナンス性は損なわない範囲で、なるべく「パラメータなしで表示させるCGIページ」の数を増やす。それだと、ある程度までグーグル検索に引っかかるCGIホームページが作れるわけですよ。

まちがえちゃならないのは、
「別に、グーグルのためにホムペを作ってるわけじゃない」
ってことですね。

CGIでホムペを作るヒトというのは、メンテナンス性の向上や、双方向コミュニケーションの強化、など具体的な目的があるわけですよね?なので、SEO対策を意識しすぎて、その辺の当初の目的がおろそかになってしまっては、本末転倒です。

以前からしつこく書いてるように、個人ホームページレベルでのSEO対策は、ブログを活用するのが一番なのです。なので、自作CGIプログラムの構築においては、SEO対策は必要最小限にとどめておくべきだと、おいらは考えています…。


 

要するに「変装をはぎとった」といいたいわけね。

妻と二人。いつもこんなバカな会話ばかりしていて、果たして大丈夫なんだろうか。と、自分でさえ心配になるときがあります!!こんにちわたらみユーイチです!!


目覚ましテレビを妻といっしょに見ていたら、ペ・ヨンジュンの話題が!!

 「冬のソナタ」で“韓流”スターの代表選手として知られる俳優、ペ・ヨンジュン(32歳)が11月25日、日本での写真集発売に合わせ来日。成田空港に約3500人のファンが詰め掛けた。警備には成田国際空港警察署、千葉県警機動隊合わせて120人が動員され、到着を待つ間は、ファンの1人が代表で音頭を取り、「ペ・ヨンジュンシ(氏)、サランヘヨー(愛してます)」と数千人で何度も絶叫。ファンたちの熱狂に、ヨン様はあの笑顔で答えた。

「ああ、もうっ。ペだよ、ペ!ペが出てきやがったよ、イヤだなあもうっ!!」

うちの奥さんは、ヨン様がとにかく嫌いなのだった。

「ああ、もう!朝から、嫌なもの見ちゃった!!ペ・ヨンジュン嫌い!大嫌い!!」
「…そっか。嫌いなのか…(なぜか、寂しそうな口調で)」
「?…どうしたの?」
「…(意味ありげなにやにや笑い)」
「な、なに?!」
「(そして、慈愛に満ちた笑顔を向ける)」
「も、もしかして…ッ!」
「実は…」
「ま、まさかっ?!!」
「べりべりべり」
「わあー!!」
「(やや太めの声で、たどたどしく)ドモ、ペヨンジュンデス」
「似てねえよ!!(怒)」

オカリナを吹いて…

たまは「おるがん」が好きです。
もちろん「冥王星」を除いてだ!!
…「冥王星」ってのは、たまなのにエルビス・プレスリー調の軽快なロックンロール、というすごくまちがった感のある曲なんですが。
こんにちわたらみユーイチです!!


最近、悩みがあるんですよ。
「BBSを、つけるべきかどうか」。

というのは、最近複数の女性(といっても3人ですが)から、
「BBSがない!!」
といって、おこられたんですよねー。

しかも、そのうちの一人からは、
顔文字でおこられた。

↓こーゆーやつ。
( ̄□ ̄;)!!
      ↑この部分が、ムチを振り上げてるように見える。

まあ、ボクとしては、
「顔文字でおこられる」
よりも
「オカリナを吹いておこられる」
ほうが好みなんですが(←うるさいエゴマゾ)。

それ以外にも例えば、「バー!バー! バー!」って怒ったりとか、トーテムポールをして怒ったりとかされて、あとは一通りの時事ネタをアドリブでかましてからすみやかに歌につなげてくれたりしたら、とってもよいと思われます。
♪学校にまにあわない~




…。

あまりにもマニアックな脱線ですまんす。


話を元に戻すとー。まあ、野郎からBBSつけろ!といわれても全然無反応ですが、やっぱり女性からいわれると、考えてしまいます。
はい、エロオヤジですっ(笑)!!

ただ、BBSつけるとなるとやっぱり
「荒らし対策」
が面倒?。


以前、とあるBBSをやってたときに、執拗な荒らしにあいましてん。

で、どーしよーかなー、と思ってさ。ホントは、荒らし対策はやはり、
「速攻削除で、有無を言わせずIP規制」
ってのが一番効くんですが、それやっちゃうと、BBSの雰囲気自体が、ぎすぎすしたものになりがちだからねー。

で、どう対処するか迷ったまま、その荒らしさんといろいろやり取りをしているうちに、
荒らしさんと、仲良くなっちゃいました(爆)。

「さあ!二人で、エロい画像を、貼りまくろうぜ!!」
とかいって、がんがんエロ画像貼ったりとかね。
自分のBBSなのに(爆)。

荒らし対策って、難しいなあ!!(←ホントに思っているのかこのクソオヤジは)。

新ホームページつくりたーい(←またかよ)

ずっと
「許してほしい」
と、思い続けてきた。
でも、そうじゃなかった。

過去の出来事を、許してもらうとか、もらわないとかじゃなくて。今の自分が、何をやるか。今の自分が、どう生きるか。そっちの方が、はるかに大事なことだったんだ。




…。

なんちゃってぇぇぇぇぇぇぇ!!!!
(↑いつものトーンに復帰)。

いやあ、やっぱりさあ。このサイトにさあ、
「自分の心のうちをひたすらに羅列していく文体」
ってのは、似合わないんだよねーっっっ!!!!かっかっか。やめじゃやめじゃボケ?(笑)。こんにちわたらみユーイチです!!


うーん、この10日間ってのは、自分の魂にとって激動の10日間でした。で、そーゆー話をWebにも書きたいんだけど、やっぱり、このホムペに書くってのは、ちがう。なんかちがう。

このホムペはですね。自分が日常生活の中で
「おもしろーい」
と思ったことを、いかにおもしろく、的確に伝えるか。その目的を達成するために、一年近くかけて、いろいろ試行錯誤しながら、文体を構築してきたわけですよ。

オープニングアクトとして、あいさつを兼ねたネタトーク(←しかもその大半が本文と関係なし)。そこから、可能な限りリズムカルに、語りかけるような口調で。ボケるポイントは、かならずラージ・フォントで。これすべて、適当にやってるわけではなく、いろいろ試行錯誤しながら、ようやくこのスタイルが完成してきたわけでして。

でさ!それってさっき書いた
「おもしろーいと思ったことを、いかにおもしろく的確に伝えるか」
という目的に向かって構築してきたスタイルなので、そのスタイルのまま自分の心象風景ってのを書き連ねていっても、単純に
「文体が合わない」
のだー。

うーん。これはもう、
新ホームページを作るしかないか!!(爆)。

「またかよ!!」
と、ツッコミを入れたい方は、多々いらっしゃると思います。ええ、またですとも(開き直り)。
すいませんね?。

え?エキサイトブログ?あれはね、ただの緊急避難所だから。もし、今の会社が突然つぶれて(←常に可能性あるからコワイ)、会社からネット出来なくなって、家に回線ひく金もなくなって。かつ、うちのオヤジがニフティ突然解約して(←そ、ここ、オヤジのホムペスペース使ってんの)(爆)。そんな状態がもしもやってきて、接続手段とホムペスペースを同時に失ってもブログを続けたい(爆)ので、今のうちにケータイで更新できる無料ブログスペースを探すことで、リスクを分散してるだけっつーか。

で、それとは別に、自分の心のうちをさらすホムペを新築したほうがいいかなーって。


あ、いかん。また、意見の羅列になってる…。
流れを考えて、ここらで一発ギャグでも挿入しますか。


今食べかけているカップラーメンを手に持って、ぐっ、と前に突き出し、思い切り両足を踏ん張って、せーの、ハァッ!!
カンフーラーメンッ!!!




…。

いまいちだった。

話がそれたが(わざとだが)、そんなわけで、たくさんのヒトに見せることを志向せずに、ホントに、おいらの知り合いだけに見せることを目的にしたページを、別に作ろうかと思ってます!!そうすれば、例の「超私信」ってやつも、そっちでやればいいしね。正直、これしか通信手段がないので仕方なく書いてましたが、このブログ上で「超私信」ってやるの、なんかちがうなあ、とは思ってたもので。


というわけで、来月になったらぼちぼち、新ホームページの構築作業とか、始めようと思うのでよろしくぅ!!


 

「クワトロ」とは「4」を意味するイタリア語。

今日は、書きまくりだぜ?。本日4件目の記事!!
たらみユーイチです!!


いつも、いいタイミングで、おいらに大切なことを気づかせてくれるヒトが、知り合いにいるんですが。


「便りのないのがよい便り」
という言葉がありますよね。

よく、うちの奥さんに、

「お父さんに電話とか、しなくていいの!」

とおこられるたびに、

「便りのないのがよい便り!!」

などと口答えしては、奥さんに殴られる(笑)んですが。

しかし。

たまには、用がなくても親父に電話してみようかな。

うちは子供がいないので、父親の気持ちってのが、なかなかわからなかったりするんですが。

しかし。

今現在自分の身近にいない誰かのことを心配するというのが、こんなに胸のつぶれる思いだとは。

今のおいらの「幸せ」とは?

スーパーSM嬢、萌え!!
↑あいかわらず萌えの方向性が豪快にまちがっているヤツ。こんにちわたらみユーイチです!!


11月に入ってからなんか猛烈に調子悪くて、猛烈に鬱で。

先週書いた記事にあったように、なつかしい人に出会って、気分が晴れたなーとおもったら、直後にいやな人に会ってまた、気分が暗くなったり。

そのあとでまた、別のなつかしい人を見て気分がちょっと晴れたかな?と思ったら、実家の親とのトラブルで、またヤな気分になったり。

そんな感じでずっと「低空飛行」を続けてきたんですが、ここに来て気分は急上昇!!

完全
復活。

(↑「覚悟のススメ」調)。

 

たとえばね。

人生において、
「お金持ちになる」と
「お金持ちにならない」の二つしか、選択肢がないとしましょうか。

実際には、その二つのあいだに無数の中間ポイントがあるのが現実の世界ですが。

その、ストレートでもカーブでもない中間ポイントを最速で駆け抜けるのが、公道最速理論の…。

論旨をまちがえた…。


うーんと、ホントはね。その無数の中間ポイントのどこかに
「自分の居場所」
ってやつが、あるわけなんだけどぉ。話をわかりやすくするため、あえて「お金持ちになる」と「お金持ちにならない」の二つしか選択肢がない社会というものを、想定してみます。

二者択一しかないんだったら、中には
「お金持ちにならない方が、自分にとっては居心地がいい」
という人間だって、当然いると思うんですよね。

「金持ちになりたいけどなれない」というおいらを含む大多数の人間にとっては、そーゆー人はイメージしづらい部分もあるけど。

まあ
「金持ちになってみたけど、なんかちがうなあ」
つーて、今のふつーの暮らしを選ぶにいたった
うちの奥さん
みたいな変人(笑)も、実在しますからね。


バブル末期に、2億円のゴルフ券をふいにしちゃった女。


それはさておき、そーゆー社会だったらみな
「金持ちになるのが幸せ」
と、思ってるわけじゃん。


だから、
「お金持ちにならない方が幸せ」
「お金持ちでない方が、居心地がいい」
なんていう人は
「世間の通念」
ってやつと、衝突するはめになってしまいます。

衝突して、たぶん、大変きつい思いをあじわうことも、あるのではないかと。

キョーフ!母はあぶない薬剤師?!

ヒロシです…。
母さんの子でよかったとです…。
↑いろんな意味でまちがってる。こんにちわたらみユーイチです!!

ぢま丼」の11月12日の日記に
「母は元カリスマ美容師?」
という話が、書いてありまして。
そうだったよな。そっちは、母親美容師だったよな。


実は、おいらの母親は、薬剤師なんスよ。

しかもこの母親…
息子を、人体実験に使うんスよ!!(爆)


自腹を切って、仕入れ値で新しい薬を購入しては、
「この薬は、きっとこの症状に効くと思うから!!」
「あなたの体質から考えて、ゼッタイ、この薬が合うはずだから!使ってみなさい!」
などといって、いろんな薬を飲ませるわけです。

まあ、ただで薬をもらえるから、ありがたいことは、ありがたいんですが。

問題は、その薬が、必ずしも正解とは限らない、という点です(爆失笑泣)。


このあいだなんか、マジ、死にかけた…。

いや、別に命に別状があったわけでは、ないんですが。
もうね、もらった薬が、ぜんっぜん、体に合わなくてさあ!!みるみる体調が悪化して、ホントに、しゃれにならないくらい、苦しい思いをしたんだからっ!!

…まじ、死ぬかと思った…。


そんでね、実家に行ったときに、母親に文句を言ったのよ。

「母さん!このあいだもらった薬、ぜんっぜん、駄目だったぞ!!」

すると母親、冷静な顔で、

「あ、ホント?ふーん、なるほどね…
この薬はダメ、と…。」




…。

 
 
 
 
 

超私信。キミの日記の結論は、
「そんな母親の血が、自分にも確実に流れている」
だったよな?
うちの場合は、どーなるんだ?(爆笑)


追記:
母の名誉のために言っとくと、母は、腕のいい薬剤師ですよ。めったに、失敗なんかしません。
ただ、実の息子をへーきで実験台につかっといて、失敗したら
「うーむ、失敗か」
とめっちゃ冷静に記録しちゃうあたりがさあ(爆)。


 

「逃げ遅れた人」というアバウトすぎる役名。

たぶん「ぱらぱらマンガ」から抜け出してきたんだと思うぞ(別な人に私信)。
こんにちわたらみユーイチです!!


鬱。

なんかさー、他人に対して説教してたことが、いざ自分もやってみたら、ぜんぜんその他人と同じことしてて自分にぐったり、ってこと、ないですか。
そんなわけで、最近日記じゃないけど日記ペースで身辺雑記を書いてて、そうすると「時として、異常に愚痴を書きたくなる」ということに気がついた。他人に対して「そんな、日記に愚痴ばっか書いてどうするの」と説教してたくせに(笑)。日常的に書き続けていると、なんか、愚痴を書きたくなるものなんでしょうか?


それはさておき、鬱です(←結局愚痴を書くのかよ)(笑)。


10月の絶好調がうそのように、11月は絶不調なんですが。

なんかねえ「気持ち悪い」。

センシティブになってるんですかねえ。
月曜日さらっと書いた
「シャア、気持ち悪い」
ってやつも、ぢつは相当ディープに気持ち悪くなって。

あと、それと同じころ、「ぢま丼」の日記に書いてあった
「路上パフォーマンスをしたとき感じた、街往く人たちの”こいつら、異質だ!!”というプレッシャー」
という話を読んで、

…なんか、その圧力ってやつ?それを、すっごくリアルに感じてしまって、またそれも気持ち悪くなった。

うん。いわれてみればたしかに、最近、そういう圧力を感じる。異質なものを排除せんとする、社会からの無言の圧力を感じる。なんでか感じる。

そんな社会、気持ち悪い。吐きそう。



汚穢(おえ)。



そんな感じで、11月に入ってから、いろんなものがかたっぱしから気持ち悪くてさあ。

気分を変えようと、会社帰りにヨドバシカメラに寄り道をしてみました。全然、いつもとちがう道。

(あ、でも…この道通ったら、きっと、時間的に前の会社の人に、出くわしちゃうかなあ)

とか思ってたら、案の定、前からやって来ました!!


…会えたらいいな、と思っていた人に!!

どっからどう見ても、銀河鉄道999のメーテルがメガネはめて歩いているようなルックスの女性。

前の会社に、同日入社した同い年の女性であります。いろいろ気安く話が出来る相手だったので、もし遭遇するならこの人がいいなあ、と思っていた矢先でした。

すれちがいざま
「おつかれさまでーす」
といって2、3歩通り過ぎてみる。

「あ、おつかれさまでーす…
って、あー!あー!」

おいらを指差して、おっきな声を出して、彼女は近づいてきた。

「いやあ、どうしよーと?」
「実はわたくし、去年結婚しまして!」
「えー!」

などと、言葉を交わしましたですよ。一応、前の会社の人はだいたい、おいらが妻と付き合いだしたあたりの事情は知ってるので…。

別れ際に、彼女は満面の笑みで
「(結婚)おめでとー!!」
と、手を振り見送ってくれました。


ああ、いい気持ちだ…。
ココロが、晴れたよ…。


とか思っていたが、その直後に大嫌いだった元上司とすれちがい、すれちがっただけで気分が悪くなったのでプラスマイナスゼロ。


…根深い。この鬱は、根深い。


 

アラファト氏、逝く

「イスラエルによる占領からの解放とパレスチナ独立の闘争を長年にわたり指導した」
パレスチナ自治政府議長のヤセル・アラファト氏(パレスチナ解放機構=PLO=議長)が11月11日、入院先のパリ郊外の病院で死去されたそうです。こんにちわたらみユーイチです。


アラファト氏の主治医が確認、自治政府のアリカット交渉相がパレスチナ自治区ラマラで発表、米CNNテレビに対して「議長の遺体はカイロに向かう。首都エルサレムに埋葬されるまでの間、ラマラに一時的に埋葬される」と述べたとのこと。イスラエルとの歴史的な和平には踏み切ったが、東エルサレムを首都にヨルダン川西岸とガザ地区を領土とするパレスチナ国家を樹立するという夢は、かなわなかったアラファト氏。死の直前に、どんな夢を見て逝ったのでしょう…?


「アラファト氏」と聞くと、反射的に思い出すことがあります。

「電波少年インターナショナル」です。

まだ、アラファト議長がお元気だったころ、なんと、
アラファト議長にアポなし取材を強行。

松本明子が、いかにも
「アラファトさんの大ファンなんです!!(爆)」
というツラ下げて、強引に押しかけていったわけですよ。

で、最初は担当者に追い払われそうだったんだけど、
「アラファトさんにあいたいのぉ!!(泣)」
と、泣き落とし攻撃(爆)で特攻をかけたわけね。

それでさ、向こうの担当者も、いっしょうけんめいになっちゃってさ。
「はるか東洋から来た愛らしい少女(←東洋人は若く見られるからね)が、こんな、いっしょうけんめいになって議長に会いたがってるなんて、…なんとかしてあげなきゃ!!」
みたいに思ったんでしょうね、きっと。

もうね、必死に便宜を図ってくれて、とうとう、本当にアラファト氏との対面が、実現しちゃったわけですよ。

そんで、アラファト議長と松本明子は、二人並んで仲良く、デュエットをはじめたのであります。

「♪アラファ~ト わたしが
夢の国?」

(↑てんとう虫のサンバ)

…アラファト氏が放つ、フレンドリーでおおらかな包容力のオーラが、印象的でした。そんなアラファト氏も、もう、この世には、いなくなってしまったのであります…。


 

たまには、ポエムめいたものを書いてみたりする。

ぐえ。もはや誰に対しての超私信かすらもわかりませんが、相変わらず快調に凶悪なオーラを出しまくってるあの人にココロは、ざわめくのです。波打つココロのべいびいびいと、たらみユーイチです。


自分は、なにを追い求めてきたのだろう。

好きな人と同じ道を並んで歩けることだけがしあわせだと気づいたのは、ほんとうに最近のことなんだよ。
それが、どんなイバラの道だとしても。

いくら涙を流そうと、戻ってはこないもの。

そのあとで、必死になって自分が得たもの。

なにが大切で、なにが大切でないのか。考えれば考えるほど、
「すべてが大切だった」
と、波に向かって絶叫するしかなくて。

心の中に押し寄せる、後悔という名の波に向かって。

ひたすらに絶叫し続けたくて、だけど、いつまでも絶叫ばかりしてるわけにもいかなくて、おれはまた、切り捨てたり、切り捨てられたりの修羅の道を往く。

ブログの弱点?

週間ガンダムファクト・ファイル第6号を読んでいて気づいたんですが、クェス・パラヤってまだ13歳だったんスね。ってことは、シャアはわずか13歳の少女を言葉巧みに誘拐して、モビルスーツで戦場に送り込み、殺し合いをさせたってこと?
気持ち悪いやつだな。吐きそう。
こんにちわたらみユーイチです!!


11月7日で、5000アクセスをいただきました!ありがとうございます。以前からいっていますけど、3ヶ月で5000アクセスというのは、…ブログでは、どちらかというと少ないほうなんですけど。それでも、こんないーかげんなスタンスの適当ホームページをこんなにもたくさんの人が見てくださるというのは、大変にありがたいことです!これからもよろしくお願いします!!


さて。

このサイトではたびたび
「ブログって、最高!!」
ってことを、書いてきました。

今度は逆に、ブログの弱点を、あれこれ考えてみたいと思います。


まず、ブログ・スペースにもよるんですが、
「携帯対応が不十分」
という点がありますね。

gooブログなんかは、携帯でも見れて、なおかつ携帯からアクセスしやすいようQRコードなんかものっけてますが。


それから、これもブログ・スペースによってまちまちですが、古いブラウザに対するケアがなされていないのも問題です。

ココログのページの場合、、ネットススケープバージョン3とかでアクセスすると、クラッシュしてしまいます…。


さて。

上記の問題点は、まあ瑣末な問題だと思います。で、次はブログ全般に対する本質的な問題点だと思うんですが。

「意外にも、過去ログを参照しずらい」

と、思いませんかさあお立会い!!


いや、たしかにね。
月ごとの全記事HTMLだの、カテゴリーごとのHTMLだの、自動的に生成はされていって便利ではありますよ。

でも、階層化されたメニューがなく、検索機能もない。
「ああ、たまたまアクセスしたこのブログ、なかなか面白いなあ。他に、どんな記事があるのかなあ」
とアクセスしてきた人が思ったときに、はるか過去に書いた超オモシロ記事が、目に触れない可能性が高いのじゃないかと。


ブログというツールが、徹頭徹尾グーグルの存在を前提にしてるから、なんですよ。

大半のユーザーは、グーグルからやってくる。

それを考えるとそもそも検索機能などは不必要だし、階層化されたコンテンツなど、グーグルからユーザーを呼び込むには、邪魔になる。ゆえに、ブログというのは、こういう形になったわけですよ。

でもねえ。

これは通常の日記ページとかでも同じとは思うんですが。

少しでも面白いブログにして、いろんな人に見てもらおう!と思って日々いっしょうけんめい書いた記事が、書けば書くほど、どんどん過去へ過去へと、消え去ってしまう!これって、どうにかならないんですかねえ(泣)。

ってわけで、ブログに書きなぐった過去コンテンツを、効率よく生かしていく方法をなんか、考えなくてはいけないなー、なんて思うんですねー。


 

イラク人質事件について、どうしても言っておきたいこと

最初に言っときますが、基本的にこのブログでは、
中越地震とイラク人質事件には触れません。

中越地震に関しては、現地でがんばってるみなさんを差し置いてあれこれ書かせていただくのは僭越でもあるし、ひたすら、影ながらエールをおくることしか出来ない、と思っております。

また、イラク人質事件についてはそれこそ、2ちゃんのみなさんとか真面目なニュースサイトさんとかで、真剣に議論され尽くしているだろうと思うので、うちみたいな弱小サイトがのこのこ出て行く幕は、ないだろうという気がします。


ただ、ひとつだけ、どうしても触れておきたいことがあって。


実は、いろんなブログを拝見していたら、こんな報告を、発見してしまったんですよ。


http://blog.livedoor.jp/pesomi_tushin/archives/8705877.html
友人が居酒屋で飲んでいるとテレビのニュースで
安否を気遣う家族のインタビューを見た酔っ払いが、
「馬鹿な息子を育てた馬鹿な親だ!」
と嘲笑ったそうです。





…。

うん、さすがに、これはちょっとひどすぎだなと思ってですね。
そこまで言う権利は、ないでしょうよ…(怒)。
カテゴリー
ブログ内検索
リンク

RSSフィード
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する