この2ヶ月ブログ運用して考えたこと。

■[徳力]ブロガーサミットで私が表現したいのは、「ブロガー」は特殊な存在ではなく、車を運転する「ドライバー」と同じで、選択してるかしてないかの違いでしかないということ。

”やまもといちろうさんのようないわゆる「武闘派ブロガー」は「武闘派ドライバー」と同様で、峠を攻めたりライバルとバトルするのが「ブロガー道」で、たらたら日常の出来事とか日記をつけているのはブロガーじゃないと考えていると思いますし。”



さて、これからブログをやめるわけですが
(読者傍白「また、はじまったか」)。

やめる前に、この2ヶ月ほどブログをガァーッと運用してみて、
「ブログとは?」
「ブロガーとは?」
というテーマで思ったことがあるので書いてみます。
 

■当記事:この2ヶ月ブログ運用して考えたこと。→の全文を読む

【よくこんなこと言ってますが】しばらく更新ペースを落とします、てゆうか既に、

お気づきの方もいるかと思いますが、更新ペースがかなり落ちています。

仕事と試験勉強が忙しく、このところ大きくエネルギーを消耗してますので、
しばらくの間は、一日一回以上の更新はしないことにします。
すいません。

7月のアクセス解析を見て考えたこと。

おかげさまで、7月の当ブログのビジター数は前月比で3.8倍になりました!来てくださった皆さん、ありがとうございます。

■当記事:7月のアクセス解析を見て考えたこと。→の全文を読む

iPod touchからの画像アップテスト結果。

iPod touchからの画像アップロードテストですが、モブログよりFC2のアプリからアップする方が圧倒的に便利とわかりました。
FC2のモブログはなんか、送ってから記事に反映されるまでがずいぶんタイムラグがある。アプリだと即反映されて、しかもエフェクトも色々あってサイズ変更なんかもできてかなり使い勝手が良いです。

画像アップテスト


iPod touchのアプリからの画像アップテスト

モブログてすと


iPod touchからのモブログ送信テスト。

このブログの今後について。

どうも、殆ど訪れる人の無い極北の地のブログです。

今の私のささやかな望みは、1日20人以上くらいは人が来て、そのうち7人くらいは、週に一度以上は来てくれる常連さん。とまあ、この程度のアクセスがあると嬉しいなあ、ということです。

…更新がんばります!

テンプレートを変更してみました。

ちょっぴり、テンプレートを変更してみました。
スマホ用の画面とPC用の画面の印象の差を少しでも無くしたい、という思いで。

■当記事:テンプレートを変更してみました。→の全文を読む

私がこのブログでやりたいと思っていること。

■Twitter|中川翔子 オフィシャルブログ Powered by Ameba

私がこのブログでやりたいと思っていること。

要は「ツイッター的なことをブログでやりたい」ってのが私のやりたいことなわけで。それを「そんなのツイッターでやればいいじゃん」と言われても、んなこと最初からわかってるんだってば。

例えばしょこたんぶろぐってツイッターブレイク以前からあるけど、あれって物凄くツイッター的だなと思ってて。なのでこの人がツイッター始めたらハマるやろ、と思ったら「ツイッター無理!やっぱりブログがいい!」つーて一度やめちゃったんだよねあの人。

ツイッター的なことをやりたかったら必ずツイッターでやらなきゃならない、ってことは無いと思うんだよね。

【個人メモ的な記事】ブログに関するタスク。

前回書いたブログ移行・統合に関する作業は実は、このブログに関するタスクの第一歩に過ぎなくて、まだまだ、やるべきことが山積している。

まずは、今後のこのブログをどう転がしていくのか、その方向性を決めねばならなぬ。

徐々に、日記・ギャグから音楽系へと変えていきたいんだけどな。

【個人メモ的な記事】まじめにブログ運営しなきゃね

当ブログ「たらみユーイチ小ネタ館」に、複数のブログを統合した状態であります。

しかし実のところまだ「とりあえず統合した」状態であって、完璧とはいえない。

課題1:画像の移行が未終了。
以前ココログで書いてたブログからの、画像の移行が完全ではないです。元の、ニフティのサーバ上の画像を直接参照している記事もあれば、画像とのリンクが切れている記事もある。そういった点を修正していかなければ…。

課題2:ブログ内リンクも修正しないと。
同様に、ニフティ上のURL指定をそのままにしていて、存在しないページへリンクする結果になってる記事が多々ある。

課題3:アクセス解析をつけないと。
テンプレートを変更したので、再度アクセス解析をつける修正をしないと…。
でも、FC2のアクセス解析じゃなくて「こうさぎ」のアクセス解析とかを使おかな。

課題4:プラグインをいろいろいじりたい。
もうちょっと、不必要なプラグインを削っておもしろいプラグインを入れていきたいかな。

課題5:「音楽について」リンクが切れている。
ここは、きちんと書いとかないと。

たらみユーイチ・うそだらけのプロフィール(改訂版)

1970年
長崎県多良見町で生まれる。しかし、のちにこれはうそだったことが判明する。

1973年
三歳のとき、父の家で生まれる。しかし、のちにこれは筒井康隆のパクリだったことが判明する。
 
1975年
幼稚園児にして「フーコーの振り子」の原理を理解し、おどろいた両親から神童と呼ばれる。しかしお約束どおり、のちにただの人だったことが判明する。

1972年
小学校入学。しかし、年が逆行しているので、入力ミスであることが判明する。

1983年
私立久留米大学附設中学校に107番という成績で合格する。しかし、附設は合格者には順位をおしえない決まりになっているので、この記述自体が事実かどうか疑わしい。

1985年
アイドルにあこがれるお年頃。なんと、ホリプロスカウトキャラバンの予選を突破。しかし、のちに実際には書類選考に残っただけであることが判明する。
(注:知ってる人は知ってるが、実は書類選考に残るだけでもものすごい難度である)。

1986年
金縛りにあいたいお年頃。ある日、ホントに金縛りにあうが
「ふむ!自律神経失調症だな。これは」
と豪快に言い切って、そのまま寝てしまう。ほぼ同時期に発生した
”幽体離脱しかけたものの、その体験を母に話すとこともなげに
「ああ、私も子供のころは空を飛んでたよ」
と真顔で言われ、なんだ、別にたいしたことじゃないんだ、と思いそのまま忘れ去ってしまった事件”と共に、のちにたらみユーイチが
「超常現象音痴」
とよばれるようになったゆえんと考えられる一件である。

1987年
オートバイで爆走したいお年頃。峠を疾走中、高速コーナーでハイサイド(スリップを立て直すのを失敗した反動で空中に吹っ飛ばされる危険な転倒。多くの場合、頭部を強打する)を喫し、一分間ほど記憶喪失を体験する。なんともいえないトリップ感であったと伝えられる。なお、一年後に再びおなじ峠を訪れ、同じコーナーで見事、フルカウンターのドリフトを決め、リベンジ。


1994年
いったん就職したものの半年でドロップアウト。やることないんで仕方なく、そこらへんの家の表札を見て回っては地図に書き込んでいたところ、異常に背の高い、もじゃもじゃ頭の男が現れて、
「ほう、キミはなかなか面白いことをしているね。お金は出すからその地図、ゆずってくれないかね。てか、ゆずれ」
といわれたので仕方なく
「住宅地図のゼンリン」のアルバイトをはじめる。


またこのころ、オリジナル曲の作成も開始する。

1996年
オリジナル曲「もえろシャーベット」が、地元ラジオ番組で好評を得る。

1997年
福岡市で行われたイベント「GIGA ART LIVE'97」に出演、数回のライブを行う。最終日に、自然発生的に行われた他ミュージシャンたちとの即興演奏大会は、延々と電子音を洪水のようにたれながす凄まじいものとなった。

1998年
テクノユニット「シンセパワー」結成。若さあふれるパンチとビート、そしてダイナミックサウンド、はじけるフレッシュなヤングさを売り物としたビッグバンドとしてデビュー。


このころ就職もするが、その会社はジェームス・ボンドに狙われる危険な会社であり、びくびくしながら働く。ってこのくだりをその会社の人が読んだら、
「だから、ジェームス・ボンドになんか狙われないって!!」
っていっせいにつっこまれるんだろうなあ。この文章見ただけで何の会社かわかったら神だ。

2001年
つきあっていた彼女(イコール現在の妻)に妊娠の兆候が。
「おれもそろそろ身を固めなきゃ。てか、もうすぐ人の親になるってのに音楽なんかやってる場合じゃないし」
といってたらみユーイチ、シンセパワー脱退。しかし後に、彼女は、単なる太りすぎだったことが判明する。

2002年
株式会社
「神聖モテモテ王国」
に、プログラマーとして就職。
「介護ソフトを作るのじゃよー!!」
「会計ソフトを一ヶ月で作るのじゃよー!!」
などといった、社長の珍作戦を黙々と遂行する毎日。

2003年
たらみユーイチ、結婚。当日、ルパン3世と銭形警部が乱入し、
式場は、大混乱に。


その他、
ひそかに地球を侵略にきた宇宙人と戦い、激戦の末にとらわれていた父と再会したとか、
スパイダー星人から蜘蛛の能力を授かったとか、
初心者なのにいきなりザク2機を撃破したとか、
お金がなくて一年間もやしと米だけの生活をしたとか、
好きな女の子から「お父さん」よばわりされ、がっかりするどころかまんざらでもなかったとか、
ローマ帝国を建国したとか、


さまざまなうわさがささやかれているがすべて、単なる神話・伝承のたぐいと思われる。

「たらみユーイチ小ネタ館」について。

「たらみユーイチ小ネタ館」の歴史は古く、昭和三十五年福岡市早良区百地にて創業。その後、福岡県小郡市に移転し、平成七年三月まで三十五年間、初代店として営業を続けてまいりました。

このサイトを再開するに当たって、まず、味覚の妨げになる、お酒,煙草を一切断ち、自分の感覚を鍛える事から始めました。と同時に、他のブログの文体を研究すれば、その文体の真似になり、決してそれを超える事ができないと考え、独自の文体を追求する為にひたすら、
「毎日ヒンズースクワット3回」
という過酷なトレーニングを行ってまいりました。

このような経路をたどり試行錯誤し、ついに味の秘訣であります
「秘伝のたれ」
が出来上がったのです。

 

なんの話だよ。

「日記ページやめたい」の波。

あいかわらずウツです。こんにちわたらみユーイチです。
 

日記ページ、やめた~い!!
「また、はじまったか。」
いや、今回の「やめた~いの波」は、かなりの大波ですよ。
 

◆「ブログで自滅する人々」
最近興味があるのが、2ちゃんの「祭り」の対象者となった人々について。

ブログで自滅する人々」というコンテンツを見て、いわゆる

(((;゜д゜))ガクガクブルブル

の状態です(笑)。
 

こわいなあ。いや、ここで上げられてるケースはもちろん、祭られた側に問題があるケースばかり。でも物事には「誤解」と「勢い」ってやつがあるからね。

ひょんなことがきっかけで、なにげなく書いた記事で一気につるし上げられ、プライバシーを暴かれまくって、社会的に終わってしまうかもしれん。というのは、かなりオソロシイ想像ですねえ。

これはもう、日記ページやってる以上は確率まったくゼロとは言えない危険性ですやねえ。ことに、おいらのような「ズレた感性」の持ち主にとっては。

自分にとって普通のことでも、他人に仰天されることがよくあるし。ああ、もう、日記ページやめたいなあ。

やめれば。リスクはゼロだ。
 

◆家族を守る義務がある
てゆうか、自分一人ならいい。ゆえあって十代のころ、見ず知らずの人々にプライバシーをあさくりまわされた経験があるので、多少は慣れてる。祭られてる!!と気づいた時点できちんと謝罪して、許してもらえるように全力で対応すれば、…まあ、最小限の被害であれば、ガマンは出来なくもない。

しかし、今は家族がいるわけですからね。妻は、そういう部分ではフツーの人だから、多分耐えられないと思う。
 

十代のころとちがって、おいらには責任がある。そうそう、リスクばかりはとれないっすよ。 
 

◆日記ページに求めているもの
話は変わりますが、
「WEB上での葬式が出来ないのは、やだなあ」
って気持ちが昔からある。

今ね、ネット友とリアル友が、きっちり別れてるような状況なんですよ。

この状況には多少問題があってね。もし、おれがこの記事を書いたあと、急に死んでしまったら。

多分、ネット友の方は、だれもおいらが死んだことに気がつかない。

「あれえ?最近ぜんぜん更新がないなあ。ネット、やめたのかなぁ?」
とか思ってたら、10年くらいして、実は死んでいたことがわかって…って、こんなことになりかねない。これはイヤだ。
 

なのでホントは、ネット友もリアル友も両方見る日記をやりたい、という気持ちは強くあるんです!!だけどそこはホレ、前述のようなネットの危険性を考えるとさあ、ちょっと踏み込みづらいものがあるんだよねー。



◆「つまらない日記」をやろうか。
なんてことを考えてるうちにたどり着いたのが
元祖しゃちょう日記」の記事
炎上せずに実名ブログをやる3つの方法」。
 

これはちょっと、目からうろこでした。そっかあ、そーゆー日記ページでもいいんだなぁー。と思って。

炎上することを書かない日記、ってのも、逆の意味で面白いなと思って。例に挙げられた

渋谷ではたらく社長のblog
10/05 無難なジョーク

てのに、死ぬほど笑いのツボを押されてさあ。

それのどこが面白いのか、というと、直感的にああ、面白いかなあ。と思ってくれる人じゃないと、説明しても多分わからないんだよねー。
 

◆「まんじゅうこわい」
その昔、まんじゅうこわい、って話を考えてさ。

ワタシは、まんじゅうを食べた。そのまんじゅうには毒が入っていて。食べたワタシは、あの世行き。
やっぱり、まんじゅうはこわいなあ!!
 

って言う…(汗)。ご存知のとおり、もともとの「まんじゅうこわい」は、かなりひねくったおはなしでして。それを、恐ろしいほどにそのまんま過ぎる作品に変換しちゃいましたよ、ということ自体がオチ、って言う…ああ、説明するとむなしい…(涙)。
 

でね。これを友人のEくんに話して聞かせたら。すっごい無表情に、
「たらみさーん、それ、どこがおもしろいんスか?」
と言われてしまった。

しかし、もう一人に聞かせたら、バカウケ。もうちょっとで、笑い殺せると思ったんだけどなあ…なんてね。
 

◆んで、やっぱりズレた結論に。
だからさ、
「日記ページとは、何かオモシロイことを書く場所だ」
と思い込んでるニンゲンが、あえて逆に、とことんツマラナイ日記を書くということは、その行為自体がギャグにならんかなあ…なんて考えたりもしてるわけ。

たとえば、こんな感じ。
 

11月16日
ひさしぶりに鳥ZEN亭でランチ。やはりおいしい。最近は鳥インフルエンザに関する報道をよく目にするが、鳥大好き人間としては困ったものである。今日は、ごはんのおかわりにもチャレンジ。

社に戻ると、クライアントからの緊急コールが!!ネットワークに異常が生じたとのコトであわてて飛んでいく。しかし行ってみたら、ただ線が外れていただけだった。ううむ。「まず線を疑え」というのは、ネットワーク技術者にとっての金言である、とあらためて痛感する。

明日も、鳥ZEN亭に行くつもり。今からうずうずしています。
 

わはははははは。
…ああ、おもしれえ!!これ書いてる時点で、おかしくって一人で腹をかかえてゲラゲラ笑ってるんですけど!ねえ、面白くないですか、おもしろくないですかっ?!

…ああ、やっぱり伝わらないかあ…(泣)。
 
 
 
 
そんなわけで、そのうち「極端につまらない日記」を実名でやるつもり。よろしくです。

更新ペースを決めるということ。

仕事が充実してるときに、ムリして日記更新しなくても、いいんじゃないかなあ。

えー、1月19日におきまして、一万アクセスをいただきました!ありがとうございました。おいらも長年、いろんなホムペを作ってきましたが、サイト開設から約、5ヶ月と19日での一万アクセス到達は最速でございましたよ。

ところで、それはそうと。

一万アクセスが目前だったので、アクセス数をちょっとでも上げたいと思って書けるときは一日数回のエントリーを書いてきましたが…。

もうね、仕事も忙しいしね、会社は倒産寸前だしね(爆笑)。こんな、エントリー書きまくってる場合じゃねえや。ブログ書いてて会社倒産しました、じゃあ、どうしようもないしねー。

ところで。

うちの会社は一月決算なんですが、たしか、去年の一月も
「会社、倒産するかも」
と日記に書いた記憶が。

なぜ、そんなにも毎年毎年、倒産寸前の状態まで追い込まれるのか。

それは、うちの会社が、こんな会社だからです。


社長 「新しいソフトをつくるのじゃよー!!」
開発部「また はじまったか。」



…「神聖モテモテ王国」というマンガを知らない人には、なんのこっちゃかさっぱりわからんと思いますが、逆に知ってる人からすれば、

「ええっ!!そ、そんな無茶な会社に勤めてるのかよ!!」

と驚愕すること間違いなし。


つまり、

社長が思い込みで周囲が止めるのも聞かず珍作戦を展開→会社が危機におちいる

この繰り返しなんですね。


うちの主力商品である
「セミ・オーダータイプの高機能販売管理ソフト」と
「おいらが開発した、ある特殊な業界向けの顧客管理ソフト」

これを堅実に売ってりゃあ、そうそう会社が危機におちいるわけないんですけどねえ。


この間もさあ、東京本社にいる社長から
「訪問介護業務の支援ソフトを作りたいから、情報を収集してくれ」
といわれたので一通りの資料を作成して、社長が来福されたときに、その資料を見せて、説明したんですよ。

「そんなわけで、レセプトのデータを作成したら、それを特殊なフォーマットの電子データに変換して、送信しないといけないんですよ。これ、作るの相当な時間がかかると思うんですが…」

そしたら社長のメガトンパンチなひとことが炸裂。

「なにをいってるんだ。
そんなめんどうなところは、抜かして作るに決まってるじゃないか!!」




…。

あの、すいません。

コーヒー豆の入ってないコーヒーを売ってどうしようってんです(爆)。

当然、その無謀な作戦は現在も決行中なわけですが、このくそいそがしいときに一人のプログラマーを3ヶ月くらいデモ用ソフトの開発のために拘束しつづけて、結局、売れる見込みは、まったく立っていません。そりゃそうだ。一番肝心な部分を抜かして作ってるソフトが、売れるわけがない。倒産寸前の状態なのに、営業も余計な動きをさせられて、…ああ、もう!!


えらい話がそれちまった。だからまあ、路頭に迷いたくなかったら、ブログばっか書いてないでとっとと仕事しろ、作業を早めて一個でも多く納品しないと、入金が減って資金がショートするぞ、って話です。

なので当面、建前上は、
「平日のみ火・金曜日更新」
ということにして、水曜日と木曜日は、余力があるときだけ不定期に書こうかな、と思っています。月曜日は、余力があっても何も書きません。

 

さて。
ようやく本題です(な、なんだってえー!!)。

そう!ここからが本題ですよ!!まずは、このHOT WIREDの記事

■ブロガーに蔓延する「燃え尽き症候群」

をご覧ください。


おいらの場合、もう、8年くらい手を変え品を変え、個人ホームページを運営し続けてきましたが、こういう危機は、皆無でしたねえ。

…だって、ムリするのやだもん(笑)。

はじめから、きついことはいやだ!という健全なるダメダメ精神にのっとり、無理のない更新ペースを図り続けてきた、そんな8年間だったわけです。

上記のリンク記事にあるように、フルタイムの仕事しながら、そうそうホムペ運営ばっかやってられますか、報酬もないのに(笑)。更新にプレッシャーを感じるようになったなら、意味がありませんよ。

更新にプレッシャーを感じない秘訣。それは、
「最初から、これ以上はやりません!!と宣言しておく」
これにつきます。てゆうか
「そんなばかな!そんなやる気のないことでどうする」
と説教たれるような人から脱落していくんです。この世界は。

更新にプレッシャーを感じたら、とにかく、更新ペースを落としてみましょう。読者の皆さんにも
「更新ペースを落としますよ!!」
と、宣言してみましょう。そうすると、気が楽になって案外以前にもましてハイペースで書けるようになったりするものです。


以上、東海林がお伝えしました。


 

アクセス数にどの程度こだわるべきなのか。

公衆トイレの洗面台で思うこと
「キミがその前髪を数センチ横に動かしたところで、山下智久くんの顔になるわけじゃないんだぞ」
こんにちわたらみユーイチです!!


1月11日で、9000アクセスをいただきました。さて、1000アクセスの区切りごとに書いているこの「ホームページ作成に関する雑感」カテゴリーですが。今日はね、お刺身高いからスポンジ…じゃなくて、今日はね、いつものSEOから、ちょっと離れてみたいなと。


前から書いてますけど、今のこの「たらみユーイチ小ネタ館」のアクセス数ってのは、数あるブログの中では、相当少ない方です。いやそれに不満があるとかじゃなくてですね。

こう、
「アクセス数がむやみに上がるブログの作り方」
ってのは、ある程度わかってる、つもりなんですけど。それをやるとですね、自分のやりたい内容と、かなりずれた物になっちゃう。

とことん時事的な話題か、とことん通な話題か。それをテーマにしたブログを、夜の、アクセス頻度が高い時間帯を狙って、一日数回の更新。これを一年やればね、あなたのブログは立派な
「巨大ニュースサイト」
になってますよ。多分ね。

で、どうなのよ?(爆笑)

それでアクセス数が上がりましたよ、って、それ、なんか意味あるんすか?

アクセス数が上がれば、金が儲かるとでもいうなら別ですけどね。この間、とあるサイトで、

「某、一日のアクセスが一万件の個人サイトで、いわゆるアフェリエイトによる月収が約4、000円」

という事例が紹介されてましてね。つまり、アクセス数が上がってもさほど収益が上がるわけではない(笑)。


「儲かるサイト」ってのは、アクセス数に関係なく商売をうまくやってるところであってさ。例えばたった十人の固定客が毎月一度だけ注文フォームに必ずアクセスする通販サイトがあったとしたら。

当然
「月間アクセス数、10件」
って話ですよ。たったの10件。

でも、そこで扱っている商品がそれなりに値のはるものだったとしたら、それだけで事業としてペイする、って可能性が高い。


その事例は極端だろ、と思います?そーじゃないんだなー。

以前紹介した、
グーグルランクがちっとも上がらないお得意先の企業ホームページ
あれもね、その会社のホムペ部門、さぞかし赤字こいてるだろうなあ、と思いますかね?ふっふっふ、そうじゃないんだなー。

そんな、ぜんぜん検索にヒットしないダメ企業ホムペでも、開設以来10件程度の問い合わせがあって、6人くらいと契約が取れた。で、実のところそこで取り扱うのは相当な高額商品。

すでに、ホムペに投下した資金は、完全に回収出来てるんです!!

つまりぶっちゃけ、「儲かるホームページ」って、アクセス数関係ないんですよ。

そのホムペが、アクセス数多いか、少ないか。そんなことよりも、他の宣伝媒体との連携とか、接触したお客様にお金を払わせるための接客技術とか、そっちの方がはるかに重要。

つまり
「内容を無視してアクセス数稼ぎに走るのは愚の骨頂」。

商売、ということを前提に考えてさえ、無意味なアクセス数稼ぎはあほらしい。まして、個人の趣味でやってるホムペで、そんなにまでアクセス数にこだわらんでよろしい。


ある内容の枠内で最大限にアクセス数を上げるテクニックがSEOで、これにはとことんこだわるべきですが、さりとて、よりアクセス数がほしいからって内容まで変えてしまったら、意味ないですよ?。


 

ニュースサイトの隆盛

「てじにゃーにゃ!!」
うおおっー!!だ、ダメだ、ダメだっ!!そんなものに、萌えちゃ、だめだぁーっっっ!!そんな、そんな、ミエミエの萌え狙いに、ひっかかって…た・ま・る…かっ…(玉砕)。
でもさー、あの人たちって、例えば33歳とかになってもまだ「てじにゃーにゃ!!」とか、やる気なのかなあ。本人たちにその気がなくても、「あの人は今!」みたいな番組にムリヤリ召集されて、いやいや「てじにゃーにゃ!!」とか、やらされるのかなあ。33歳のおっさんが(笑。ここでわれに返る)。こんにちわたらみユーイチです!!


12月27日で、8000アクセスをいただきました!ありがとうございます。それと、えーと、掲示板のほうで「うめこさん」から質問をいただいております。なので、1000アクセスの区切りごとに書いている「ホームページ作成に関する雑感」カテゴリーは、あらためてブログの特長というものについて…。

と、思ったんですけど。ちょっとだけ、角度を変えてみることにしました。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇


特に名前は秘すが某週間アスキーという雑誌に、2ちゃんねるのパワーダウンを指摘する記事が。

2ちゃんねるより、個人ニュースサイトに取り上げられるほうが影響がでかいのでは?という話が、載ってましてですね。

おいら自身はなんのデータも持ってないのでこの意見についてなんともいえないんですが、漠然とそういう空気は、感じます。といいながら、いまだに2ちゃんねるの影響ってでかいんじゃないの?とも、思いますけどね。

もうさー、2年位前はさー、ホント神さま仏さま2ちゃんねるさま、って感じで、2ちゃんねるにあらずんば人にあらず、という、ある種宗教的な空気さえ感じてましてねー。

日記に、うっかり小林よしのり批判を書いちゃったときは、あせったなー。ゴーまニズム板のみなさまと思われる方々が掲示板にやってきて
「氏ね」
の大合唱でしたからね。いや、今の小林よしのり氏は、面白いと思いますよ。復活した、という感じがします。と、フォローに入る気弱なワ・タ・シ(苦笑)。

でも、特に名前は秘すが某週間アスキーという雑誌の記事が言うには、最近の個人ニュースサイトにはそれに匹敵するような力が、あるのだという。ホントですかなぁ

でも。

やはり、そんな個人ニュースサイトの隆盛を支えているのが、ブログ・ツールってやつだと思うんですね。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

「今までの日記ツールとかと、どうちがうねん!!ブログって!!」

とあらためて聞かれると「いや、そういわれても…」というモゴモゴした答えしか出せませんね。「根本的なちがいは、ないはずなんですけどぉ…」という、気弱な答えしか、出てきませんねえ。

つまり。ちがいといっても、些細なものです。「コンテンツ」という本質的なものは何も変わらず、些細なちがいだけが、どさどさとある。それが積み重なったとき、
爆発的なちがいが。

日記ツールの「書き込み!」ボタンとブログ・ツールの「書き込み!」ボタンとでは、押されたときの”仕事量”が猛烈にちがいます。

日記ツールの「書き込み!」は、ただ、打った文章を追加するだけ。

ブログ・ツールの「書き込み!」は単に文章を追加するのみならず、その文章をカテゴライズされた「まとめページ」にも追加し、普通のホムペの「What's New!」にあたるものを勝手に生成し、

…そして何より大事なのが、
「新しい文章を書き込みましたよー!!」
というお知らせを、ありとあらゆるところにばらまく、という機能。

設定にもよりますが、http://weblogs.com/をはじめとするさまざまな「お知らせサイト」に、更新情報を送信する機能があるため、ひとによっては、専用ツールをつかってそれら「お知らせサイト」の情報を取得し、いち早くオモシロイ記事を発見する。またそこまでマメじゃないひとでも、それらお知らせサイトにのることにより、更新されたブログは、かなりのスピードでグーグルのインデックスに載るので、ぐぐったときに発見する確率も、高くなる。

だからさ。

ニュースサイトのような頻繁に更新をするコンテンツには、ブログ・ツールが死ぬほど向いている
というわけ。

あるニュースに関する記事を、普通の日記ツールに書くのとブログ・ツールで書くのとでは、検索に引っかかるようになるスピードがちがう。当然、そのニュースに関する記事がどこかにないかいな、と思ってぐぐる人たちには、ブログのほうが、圧倒的に目に留まりやすいのよ?。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

で、ここからは、実践してる人じゃないとピンとこないであろうハナシ。

最初のほうで
「内容にちがいはないよう(だじゃれ)」
的なことをちょっと書いたけどさ。

不思議なことに「内容も変わってくる」のよ、ブログに書き続けていると。

同じ内容でも、今までのホムペとは、アクセス数が歴然とちがってくるですよ。ということはね。

「よりたくさんの人に見られてる!」という感覚が転じて、「自分のブログ」を、ある種の”公的な場所”と感じる意識が、芽生えてくるですよ。


うわあ!おいら、今なにげに深い話を書いてない?!(←こーゆー見も蓋もない自画自賛が平気な人)。


先ほどの特に名前は秘すが某週間アスキーという雑誌の記事にも、それに似たようなことが書いてあってさ。ブログという発言スペースを持つことにより、発言の仕方が変わるという傾向がある、ということを漠然と感じているブログ運営者は、多いみたいなんだよねー。

 

CGIページにおける「SEO」

いやホント、冗談抜きで体だけは心配だから、頼むから病院にいってくれ。お父さんは心配してます(また全然別のヒトに私信)。
こんにちわたらみユーイチです!!


編み物、かぁ…。
たしかに笑うけど、そこはホレ、気が遠くなるほどサイケ?な模様とか、頭が痛くなるくらい血ぃドロドロ?で残酷な、スプラッタ?♪な絵柄を編んでもらったりすると、クリスマスプレゼントにも最適な、とぉーってもキュートなプレゼントになるなって気がするぞ。血のクリスマスっh01.gif

…って、いつまで私信書く気だおいらは(笑)。


えー、11月24日で、6000アクセスをいただきました!!ありがとうございます。

このサイトのおやくそく→1000アクセスごとに、「ホームページ作成に関する雑感。」テーマ(隠れたテーマ→SEO - Search Engine Optimization→検索エンジン最適化 -)で書く。


5000アクセスの時には「ブログの弱点」についてあれこれ書きましたが。

今のワタクシはですねー、また新ホームページつくりたーい!!なんて思ってるんですよね。

そんでね、そんでねっ。やっぱり、どーせつくるなら、今自分に見えてる「ブログの弱点」を、克服するようなものを作りたいなと。

5000アクセスの時に、思いつくまま羅列した、ブログの弱点ですが、

  • 携帯対応が不十分。
  • 古いブラウザに対するケアがなされていない。
  • 階層化されたメニューがない。
  • 検索機能もない。


こんなところでした。となると逆算で、

「携帯対応で、古いブラウザでも見れて、階層化メニューと検索機能で過去ログを楽々閲覧」

ってなホムペをつくりたい!!という話になる。


つーとさ、どーしてもフルCGIでホムペを作らなきゃ!!って話になる。わけですよー。

さてお立会い。「CGIページはグーグルに載らないのでは?」と思うヒト、どれぐらいいらっしゃいます?

結構、そう考えてるホムペデザイナーさんも多いんですが、正解は
「載るCGIもあるし、載らないCGIもある」です。

グーグルは、専門的に言うと「動的なページ」というのを嫌う。なので、CGIのページのURLに、「?」という文字が使ってあるページは、
「パラメータにより内容が変動するページ→動的なページ」と判断され、グーグルロボに、嫌われてしまう。

えー、つまりですね。ログを、何の処理もせずにどーん、と表示させるだけみたいな単純なCGIなら、グーグルに確実に載るんですよ。

たとえばね、10ページのCGIページを表示させるとして、普通は、ひとつのCGIプログラムに例として「?page=5」みたいなパラメータを与えて、それぞれのページを表示させるわけですが、そーゆーCGIページは、グーグルに載らない。

そうではなく、10ページのCGIページを表示させるのに、そのまんま10個のCGIプログラムを作ってしまう。そーすっと、その10ページ、全部がグーグルに載る!!わけですよ。

もちろん、そんな面倒な作業をいちいちやっていたのでは、大変です。だからあくまでメンテナンス性は損なわない範囲で、なるべく「パラメータなしで表示させるCGIページ」の数を増やす。それだと、ある程度までグーグル検索に引っかかるCGIホームページが作れるわけですよ。

まちがえちゃならないのは、
「別に、グーグルのためにホムペを作ってるわけじゃない」
ってことですね。

CGIでホムペを作るヒトというのは、メンテナンス性の向上や、双方向コミュニケーションの強化、など具体的な目的があるわけですよね?なので、SEO対策を意識しすぎて、その辺の当初の目的がおろそかになってしまっては、本末転倒です。

以前からしつこく書いてるように、個人ホームページレベルでのSEO対策は、ブログを活用するのが一番なのです。なので、自作CGIプログラムの構築においては、SEO対策は必要最小限にとどめておくべきだと、おいらは考えています…。


 

オカリナを吹いて…

たまは「おるがん」が好きです。
もちろん「冥王星」を除いてだ!!
…「冥王星」ってのは、たまなのにエルビス・プレスリー調の軽快なロックンロール、というすごくまちがった感のある曲なんですが。
こんにちわたらみユーイチです!!


最近、悩みがあるんですよ。
「BBSを、つけるべきかどうか」。

というのは、最近複数の女性(といっても3人ですが)から、
「BBSがない!!」
といって、おこられたんですよねー。

しかも、そのうちの一人からは、
顔文字でおこられた。

↓こーゆーやつ。
( ̄□ ̄;)!!
      ↑この部分が、ムチを振り上げてるように見える。

まあ、ボクとしては、
「顔文字でおこられる」
よりも
「オカリナを吹いておこられる」
ほうが好みなんですが(←うるさいエゴマゾ)。

それ以外にも例えば、「バー!バー! バー!」って怒ったりとか、トーテムポールをして怒ったりとかされて、あとは一通りの時事ネタをアドリブでかましてからすみやかに歌につなげてくれたりしたら、とってもよいと思われます。
♪学校にまにあわない~




…。

あまりにもマニアックな脱線ですまんす。


話を元に戻すとー。まあ、野郎からBBSつけろ!といわれても全然無反応ですが、やっぱり女性からいわれると、考えてしまいます。
はい、エロオヤジですっ(笑)!!

ただ、BBSつけるとなるとやっぱり
「荒らし対策」
が面倒?。


以前、とあるBBSをやってたときに、執拗な荒らしにあいましてん。

で、どーしよーかなー、と思ってさ。ホントは、荒らし対策はやはり、
「速攻削除で、有無を言わせずIP規制」
ってのが一番効くんですが、それやっちゃうと、BBSの雰囲気自体が、ぎすぎすしたものになりがちだからねー。

で、どう対処するか迷ったまま、その荒らしさんといろいろやり取りをしているうちに、
荒らしさんと、仲良くなっちゃいました(爆)。

「さあ!二人で、エロい画像を、貼りまくろうぜ!!」
とかいって、がんがんエロ画像貼ったりとかね。
自分のBBSなのに(爆)。

荒らし対策って、難しいなあ!!(←ホントに思っているのかこのクソオヤジは)。

ブログの弱点?

週間ガンダムファクト・ファイル第6号を読んでいて気づいたんですが、クェス・パラヤってまだ13歳だったんスね。ってことは、シャアはわずか13歳の少女を言葉巧みに誘拐して、モビルスーツで戦場に送り込み、殺し合いをさせたってこと?
気持ち悪いやつだな。吐きそう。
こんにちわたらみユーイチです!!


11月7日で、5000アクセスをいただきました!ありがとうございます。以前からいっていますけど、3ヶ月で5000アクセスというのは、…ブログでは、どちらかというと少ないほうなんですけど。それでも、こんないーかげんなスタンスの適当ホームページをこんなにもたくさんの人が見てくださるというのは、大変にありがたいことです!これからもよろしくお願いします!!


さて。

このサイトではたびたび
「ブログって、最高!!」
ってことを、書いてきました。

今度は逆に、ブログの弱点を、あれこれ考えてみたいと思います。


まず、ブログ・スペースにもよるんですが、
「携帯対応が不十分」
という点がありますね。

gooブログなんかは、携帯でも見れて、なおかつ携帯からアクセスしやすいようQRコードなんかものっけてますが。


それから、これもブログ・スペースによってまちまちですが、古いブラウザに対するケアがなされていないのも問題です。

ココログのページの場合、、ネットススケープバージョン3とかでアクセスすると、クラッシュしてしまいます…。


さて。

上記の問題点は、まあ瑣末な問題だと思います。で、次はブログ全般に対する本質的な問題点だと思うんですが。

「意外にも、過去ログを参照しずらい」

と、思いませんかさあお立会い!!


いや、たしかにね。
月ごとの全記事HTMLだの、カテゴリーごとのHTMLだの、自動的に生成はされていって便利ではありますよ。

でも、階層化されたメニューがなく、検索機能もない。
「ああ、たまたまアクセスしたこのブログ、なかなか面白いなあ。他に、どんな記事があるのかなあ」
とアクセスしてきた人が思ったときに、はるか過去に書いた超オモシロ記事が、目に触れない可能性が高いのじゃないかと。


ブログというツールが、徹頭徹尾グーグルの存在を前提にしてるから、なんですよ。

大半のユーザーは、グーグルからやってくる。

それを考えるとそもそも検索機能などは不必要だし、階層化されたコンテンツなど、グーグルからユーザーを呼び込むには、邪魔になる。ゆえに、ブログというのは、こういう形になったわけですよ。

でもねえ。

これは通常の日記ページとかでも同じとは思うんですが。

少しでも面白いブログにして、いろんな人に見てもらおう!と思って日々いっしょうけんめい書いた記事が、書けば書くほど、どんどん過去へ過去へと、消え去ってしまう!これって、どうにかならないんですかねえ(泣)。

ってわけで、ブログに書きなぐった過去コンテンツを、効率よく生かしていく方法をなんか、考えなくてはいけないなー、なんて思うんですねー。


 
カテゴリー
ブログ内検索
関連ページ

RSSフィード
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する