プーチン、宇宙ロケットを素手で握りつぶす

■Fighting, hunting, shooting and fishing with Vladimir Putin, Russia's man of action - Telegraph
プーチンが手に持ってるものはなんでも武器に見えてくる不思議。

武井壮、伝説の巨大イカ・クラーケンを撃破! ※直後に撃沈

■武井壮、脱ホームレスの理由明かす「プライベート阻害された」
[要約]
・ポルシェのナンバーがツイッターで拡散され、車やサウナで行っていた“放浪生活”ができなくなった
・プライベートが阻害されトレーニングが困難となりやむなく事務所兼マンションを借りた
・プライベート空間ができて「妄想」の時間増えた→動物の倒し方がパワーアップ!
・会見で巨大イカ・クラーケンの倒し方を披露したが、会場の反応はイマイチだった
(´・_・`)

ブタに思いっきり正拳をいれたのに…(´・_・`)【猛獣 vs 人間の補足。】

■格闘家VS猛獣(1/2) | 格闘技のQ&A【OKWave】
”牛、頑丈ですねー。 こないだ石井館長が昔ブタに思いっきり正拳をいれたのに「ブー」とも言わずにエサを食べつづけてたという話を聞いて笑った覚えがあります。”
たかがブタでさえ、人間の素手攻撃なんて全然効かない現実…(´・_・`)

テキサスの猛女、11時間の激闘で強敵を葬る

■テキサス州デービス議員、中絶を制限する州法案を葬る
まあテキサスといえばテリーマンですよね。
「…………………それが、何か?(・_・;」
「意味なんかねえんだよ!」
「えーーーーっ!ぎゃ、逆ギレぇーーー?」

猛獣 vs 人間(範馬勇次郎は除く

人間が猛獣に素手で勝つ。これはファンタジーに過ぎない。
しかしまた、人間が猛獣に素手では勝てない…これも実は同じように、ファンタジーに過ぎない。



■当記事:猛獣 vs 人間(範馬勇次郎は除く→の全文を読む

第2次世界大戦最強の男とは?

ここまでの日記で、
「幕末最強の男は勝海舟のお父さんで、現代最強の男は、セガールと室伏である」
ということが判明しました(笑)。

では、第2次世界大戦最強の男とは?というと、こりゃあもう、
「ルーデル大佐」
をおいて、他にはないわけですよ。

それなんてラノベ?:アルファルファモザイク
http://alfalfa.livedoor.biz/archives/51171812.html
死にたい赤軍将兵にお薦め:アルファルファモザイク
http://alfalfa.livedoor.biz/archives/51026033.html

戦績
・出撃回数2530回
・戦車519台破壊
・装甲車・トラック800台以上破壊
・火砲(100mm口径以上)150門以上破壊
・戦艦1隻撃沈
・巡洋艦1隻撃沈
・駆逐艦1隻撃沈
・上陸用舟艇70隻以上撃沈
・戦闘機2機撃墜
・爆撃機5機撃墜
・その他航空機2機撃墜
(被撃墜回数30回)
(戦闘による負傷5回)

…どんな化け物だ(苦笑)。連邦のモビルスーツの比じゃない化け物です。
 

・マラートが旧型で装甲も大した事無かったというのもあるが、(中略)無論、一番の要素は敵陣を交い潜って、同じ戦艦に2回爆弾落として命中させるこのアホ(褒め言葉)の腕前だが。

・撃墜されて、歩いて基地に戻って最初の一言「換えの機体はあるか?」

・ルーデルが単独でソ連軍に与えた損害は10個師団相当

・全赤軍将兵の3/100がルーデル被撃破経験者

・(負傷して片足をなくして)で、入院中病院で珍しく泣いたらしい。
見舞いに来た同僚達は「右足がなくなった事」に対してやはり泣いているんだろうと思っていたら、本人は
「足はまだ一本残っているからどうでも良い。
ソ連の戦車がしばらく撃破出来ないのが悔しい」
という事だった。
「しばらく」、とか言ってる辺り、本人はこの時点でもう既に前線復帰する気マンマンだった様である。

・彼は負傷した際、病院から抜け出してこっそり出撃し戦列に紛れていた為、さらに戦果は多かったものと思われる。何せ「誰が破壊したのかわからない戦車」が多すぎた為、病院を抜け出していることが発覚したくらいなのだから。

 
しかしなにより凄いのは、ここまで凄まじい戦いっぷりでかつ、無事生き延びて戦後、悠悠自適の生活を送ったってことですな。

現代最強の男は?

私の前日の日記により、「幕末最強の男は、勝海舟のお父さん」ということが明らかになったわけだがwww

では、現代最強の男は?

そりゃあもう、「セガールか室伏」に決まってる。

【これでいいのか】セガールが最強過ぎる件について【立ち向かえ】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/659/1173441820/l50

ハイエナログ 室伏の経歴見て愕然とした((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
http://blog.livedoor.jp/pasoku_matome/archives/51087205.html


「ではセイウチが一番強いのか? 否、セガールはキバの攻撃を2本の腕でがっしとうけとめ、そのままへし折る!
よって、氷上ではセガールが最強である」

世の中には、強い男がいるものだぜ…。
室伏の方は、ブログのコメントまで読んでたら腹筋のひくひくが止まらなくなりました…(笑)。

幕末最強の男「勝海舟のお父さん」。

なーんか時代劇やってんなあ、と思ったら、ああ、「剣客商売」かあ。

「こーゆー、親子ものの時代劇といったら、昔、あれが好きだったなあ。
勝海舟のお父さんが大暴れするやつ」
「なんの冗談だよ!!」


冗談だと思うでしょう。

歴史にあまり詳しくない人が聞いたら冗談かと思うでしょうが、実は幕末オタにとっては「勝海舟のお父さん・勝小吉」は隠れた有名人なんです。

って、まあ実は「竜馬が行く」で紹介されてたから知っている、という人が大半だと思うけど。私もその手合いですが。

この人が、後世の人に残した人生訓があって、まあ「親を大切に」みたいな、当時の人が一般的に書きそうなありきたりな話に交じって、
「友だちには信義をもって交わり…」
と、当時の人にしてはかなり珍しいことを言っている。

どうも、旗本のお侍さんにもかかわらず、町民や貧民とわけへだてなく付き合う、かなり型破りな人物だったらしく。それが、勝海舟というキャラクターにも少なからず影響を与えているらしい。

そんな人物を主人公に娯楽時代劇を書いたらゼッタイおもしろいぜ!という作品が子母沢寛の「父子鷹」。で、それが1994年にテレビドラマ化されたんです。

視聴率的にはふるわなかったらしいけど。でもこれめちゃくちゃ面白かったぞ。私的には、剣客商売より面白いと思う。

父子鷹 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%88%B6%E5%AD%90%E9%B7%B9


追記・Wikipediaより:
1.
幕末の剣聖といわれた男谷精一郎は小吉の甥に当たる。幕末の江戸において力の斎藤・位の桃井・技の千葉と称された三代道場をもってしても歯が立たないといわれた達人精一郎を、小吉は片手で捻ったという。新門辰五郎曰く、「喧嘩で右に出る者なし」。ある意味、幕末最強の男と言える。

2.
(自伝である)『夢酔独言』は子孫に自分のようにはなるなと伝える目的で記したもので、

「けして俺のまねをするな」

と書いている。
カテゴリー
ブログ内検索
リンク

RSSフィード
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する